美魔女の更年期――子どもは独立、バツイチ同士の彼氏と半同棲生活を送る麻友子さん・51歳

 麻友子さんは51歳、京都在住の会社員である。25歳のときに結婚し1男1女に恵まれるも、10年前に離婚。手足の長い超スレンダーボディが印象的で、とても50代には見えない美貌の麻友子さんは、まさしく“美魔女”の称号を贈られるにふさわしい年齢不詳の女性だ。夫とは離婚し、働きながら育てた子どもたちは成人。3年前から交際している彼と、週のうち半分は同棲状態だという。そんなラブライフ充実の美魔女にも、半年前から「更年期かな」と感じる症状が出始め……。

1年前から体力と気力の低下を感じはじめ、いまの悩みは『とにかくダルい』こと
――サービス業で出張の多いお仕事だと聞いています。

「京都と東京を週に2度は行き来する生活を15年近く続けていました。40代後半になった頃から体力的にキツイと感じはじめてはいたのですが……それでも仕事が大好きで『しんどいけど、お客様の笑顔のために頑張ろう!』と考えることで、体力的なキツさを乗り越えることができていたんです」

――気力で体力の衰えをカバーできていたんですね。

「でも約1年前に、その気力の部分に変化が出てしまって」

――差しさわりがなければ、詳しくお話してもらえますか?

「直接の原因は職場での人間関係のいざこざなんですけど。でも、そういうのはこれまでも何度かあったし、そのたびに自分で解決してきたんです。でも1年前にそういう事態になったときは、なんとか解決して乗り越えよう、頑張ろうという気力がどうしても沸かなかった。自分の中のなにかがプチっと途切れてしまった感じです。そんなときにちょうど社内で部署変えの話が出はじめて……自ら部署を変わりたいと願いでました。いまは出張もなく体力的には楽ですね」

――その一件は更年期であることも影響していたと思われますか?

「どうでしょうか……。でもたしかにその頃から、とにかく『ダルい』と感じるようになっていたんです。もっと違う表現はないかと考えたんですけど、やっぱり『ダルい』としか言いようがなくって。1年前からとにかくその『ダルい』状態が続いてるんです、精神的にも体力的にも」

――気力がなくなった、とおっしゃっていましたが、ほかに精神面での変化はなにかありますか?

「いいえ。部署は変わりましたが、いまは問題なく毎日仕事に励んでいます。何かにつけダルいのは相変わらずですが、精神的にひどく落ち込むということはないですね。仕事は頑張りますが、いったん家に帰ると『頑張らない』ことをモットーにしているので(笑)。手を抜けるところは、手を抜く。基本、掃除はルンバにお任せですし、食事も仕事で遅くなったときはテイクアウトのお惣菜をよく買います。子どもに『家にいるなら、ご飯炊いて』とお願いメールもしょっちゅう。なんでもかんでも私が頑張らないと、とは考えていません」

――ほかに気になる身体の変化はありますか?

「私、若い頃から体温が低くて常に35度台なんですね。そのせいか、夏でもあまり暑さを感じず、汗をかくということもほとんどなかった。それなのに1年前ぐらいから季節を問わず『暑いな』と感じることが多くなったんです」

――更年期には、突然カーっと熱くなり、大量の汗をかく、更年期にはいわゆるホットフラッシュという症状がありますが……。

「それとはまた少し違うような気がするんです。1年前から感じはじめ、顕著になったのは今年の冬(1〜2月)あたり。冬なのに『なんかちょっと暑い』と思うことが増え、じんわりと汗をかく。でも手足は冷たい。体温に変化もないんです。昔はほんとに汗とは無縁の生活だったので、変化に戸惑っています」

――閉経はされていないんですよね。生理の乱れはどうでしょう?

「若い頃から生理不順で、周期もバラバラなんです。量もその月によって多かったり少なかったり。生理痛もあったり、なかったり。その状態は変わりませんが、ただこの何ヵ月かは生理と生理の間が昔よりもっと長くあくようになりました。あと、生理の日にちが短くなってきましたね。3日目ぐらいで「あれ? 終わり?」と思うこともある。そうかと思えば1週間以上続くことも」

――閉経までの生理の乱れは、人によって様々なんですが、「生理と生理の間が長くなる」「量が減ってくる」「短い期間で終わる」とおっしゃる方は多いようです。

「あとね、気になるのは肌の乾燥! 若い頃から乾燥肌で、そのおかげで思春期にもニキビひとつできたことはなかったんです。あの頃は、乾燥肌でよかった、って思ったこともあったけど……。ここ1年で、乾燥具合がひどくなりました。お肌のお手入れには無頓着だったんですけど、さすがにそれではダメだと思いだして。最近は毎日ドラッグストアの安いシートパックを使い、アルガンオイルが手放せません。それでもカサカサのカピカピ(笑)。追いつかないんです、何をしても」

4つ年上の彼とは交際順調、でも心の内では……
麻友子さんの4つ年上の彼は会社経営者。3年前に大人数の友人同士の飲み会があり、麻友子さんの古い友人が連れてきたのが彼だった。ひとめ見た瞬間に「あ、この人、いい!」と感じ、そこから交際まではスムーズに。互いにバツイチで、いま麻友子さんは週のうち約半分を彼の家、半分は自分の家で過ごす生活を送っているという。

――彼の家とご自分の家を行ったり来たりということは、お子さん方もお母さんに彼がいる、ということはご存じなんですね。

「知っています。上のお兄ちゃんはもう25歳で大人ですし、彼との交際についても『好きなようにすればいいよ』と理解がありますね。会わせたことはありませんが、彼が会社を経営していることは話したので『しっかり貢いでもらってくれ』とか冗談も言います(笑)」

――下のお嬢さんは20歳とのことですが、お嬢さんの反応は?

「下の子も彼のことを知ってはいますが、詳しくは聞きたくないという感じでしょうか。私の家のすぐ近くに妹の家があり、仲良しの従妹もいるので、娘は昔からしょっちゅうその家に泊まりに行っていたんですね。その習慣はいまも続いているので、娘が妹の家にいるときは私が彼の家に行き、娘が戻る日に私も自分の家に戻るという生活を送っています」

――ご長男はそのペースにどんな風に合わされているんでしょう?

「息子は完全にマイペース。私が彼氏の家にいるときに『今日は俺、友達を家に呼ぶから絶対に帰ってくるなよ』とメールがきたり。そうかと思えば『今日家に戻ってくるなら、なんか食べるもの買って帰るよ』『明日は家にいる? 一緒にどっかにご飯食べに行こうか?』なんてメッセージもマメにきます。彼は離婚した夫と夫の実家ともとても友好的な関係を築いているので、そちらに泊まることもしょっちゅうあります」

――なんだか、ご長男も麻友子さんの彼氏っぽい(笑)。ではいまおつきあいされている彼についてお話をおうかがいしたいのですが。交際して3年ですよね。

「はい。半同棲生活を送っていますし、最近は周囲から『再婚しないの?』って訊かれたりしますけど、まだないかな。もっとお互い歳を取ったら考えるのかもしれないけど。喧嘩も多いですし、いまは考えられないです」

――喧嘩の原因は?

「彼はとにかく大酒飲み。1年のうち330日は飲んでる。仕事仲間や友人が集う店が何軒かあって、毎晩そこに出かけていくんです。そして基本、私もそこに一緒にいて欲しい人なんですね、彼は」

――えっ⁉︎ ということは麻友子さんも年間330日、夜は飲みの場にいるということですか?

「体調が悪いときはパスしたり、出かけても私だけ早い時間に帰ったりしてはいますけど……。まぁ私も年間300日ぐらいは飲みの場にいるかもしれませんね。とは言っても、私はお酒を飲まないんですけれど」

――飲まないのに、ほぼ毎晩飲み屋に行くというのは、なかなか苦行ですよね。体力的にも。そうまでして彼に合わせているなら、喧嘩になんてならなさそうですけど。

「とんでもないですよ! 彼はまぁ恐ろしいほど飲むし、最近は歳のせいか酔いがまわるのも早い。つい見かねて『もうそのへんにしたら?』というと、ダメですね、怒る怒る。そのほかに『そろそろ帰ろうか』も禁句。そのあたりのワードを言うとみるみるうちに機嫌が悪くなります。『なに偉そうに言ってるんだ』と」

――54歳……『男はとにかく偉い!』的な考えをする人も多い年代ではありますね。

「完璧な男尊女卑ですね。人前では激しく怒ったりはしませんが、家に帰ると大変。ムッとした顔で口をきかないので『あ、またなにか気に障ったんだな』とすぐにわかる」

――麻友子さんはそういうとき、見てみないふりをするタイプですか?

「いいえ。それがたとえ夜中の1時でも『どうしたの? 私、なにかした?』と自ら切り出します。私が切り出すと『人前で偉そうな口をきくな』『●●さん(彼の知り合い)に対しての口のきき方がなってない』とか不満が出てくるわけなんです」

――夜中の1時のお説教……それなかなかの拷問(笑)。

「でしょ(笑)。でも私が切り言い出さないと何日でもムっとしてるから。仕方ないんですよ。それで彼の言い分を一通り聞いてから『私はそんなつもりなかったけど、気に障ったんならごめんね』『至らなかったね、今後気をつけるね』と、たくさん謝る。早く眠りたいし面倒だから、心の内で『チっ、めんどくさいな』と思っていてもとにかく謝る(笑)」

――まったく心を伴わない謝罪(笑)。

「その通り(笑)。若い頃なら、自分も言いたいことを言っただろうし、お互いが納得できるポイントを探ろうと躍起になったかもしれませんが、いまはそんな気力はない。夜中の1時だし、そうでなくても更年期でダルいのに。もうね、とにかく揉めるのはいやなんです。だから私が謝って丸く収める。つきあいはじめた当初は『それは違うよ』って意見を言ったりもしましたが、彼には理解できないし絶対に謝ったりもしない。プライドが高いんです」

家ではベタベタ、スキンシップは豊富
――そういう揉め事がしょっちゅうでも、おふたりは仲良しなんですか?

「仲良しです。最近『私たち、別れることってあると思う?』って訊いてみたんですけど。『おまえが俺のことを裏切ったりしない限り、ないだろうなぁ』って言ってましたし。あのね、彼のマンションのキッチンカウンターって椅子がひとつしかないんですよ。私はよくそこでタバコを吸ったり、ジュースを飲んだりするんですけど。私がそこに座ると、リビングにいる彼も必ずやってくる。椅子はひとつだから、彼が座り、私を膝の上に乗せてなんだかんだ話すのがお約束です」

――意外にスキンシップの人なんですね!

「人前ではまったくないけれど、家でふたりのときは、向こうがしょっちゅうベタベタしてくる。『椅子、もうひとつ買う?』って訊いてみたけど、いらないって。彼もそのスタイルを気に入ってるんでしょうね。お風呂も一緒に入りますよ。私が先に入浴を終えて入ってしまっていて、後から彼がひとりで入るときにはいつも風呂場から『おーい』と声がかかります」

――もう一回入れよ、の合図でしょうか。

「いいえ、その『おーい』は背中を流してくれ、の合図(笑)。呼ばれるとすぐに行って背中を流し、希望があれば頭を洗ってあげることも。洗い終わったら『じゃああとはごゆっくりね』と言って私は風呂場を出ます」

――なんですか、それ! まるで昭和の貞淑な妻じゃないですか!

「昭和どころか、明治じゃないですかね(笑)。『外ではいつも偉そうな顔してるけどさ、家のお風呂で背中洗ってもらってます、髪も洗ってもらってます、ってみんなに話してみたら? なんなら私が話してあげようか?』とからかうと『それはダメ。絶対に言っちゃダメ』って慌ててますけど」

――なかなか難しそうな方ですが、可愛い面もあるんですね。

「めちゃくちゃ難しい人ですけど、そういう可愛いところがあるので、私も一緒にいられるんだろうと思います。向こうは私といるととても楽だそうです」

――そら楽ですよ~。麻友子さんぐらい尽くしてくれる女性はなかなか……。スキンシップ多めということですが、性的な面でセックスはどうでしょう?

「交際当初から、変化なく定期的にありますよ」

――この世代になると濡れにくくなり痛みが出る女性も多いようですが……。

「それはないなぁ。そこに変化を感じることは、私はまだありませんね~」

――もし閉経したら、彼に話しますか?

「わざわざは話さないと思います。閉経を報告したところで『それがどうした? 俺になんか関係ある?』って言われるだけでしょうし」

――麻友子さんご自身は閉経についてなにか思うことはありますか?

「生理はとにかく面倒なので、解放されるのはすごく嬉しいです。自分に生理があるかないかについてはまったくこだわりはないので。ただ、閉経していまより体調が悪くなったりしたら……とそこは少し不安かなぁ」

――いまは特に更年期症状で病院に通われたりはしていないんですよね。今後、なにか更年期対策みたいなものをお考えですか?

「昔、母親から勧められて酵素を飲んでいた時期があったんですけど、ここ何年かはさぼっていて。でも酵素は体に合っていたような気がするので、閉経に備えてそろそろ再開しようかと思っています。もしも漢方薬で更年期に効果があるものがあれば、試してみたいとも。そうそう、最近ミキサーを買ったんです。毎朝野菜やフルーツを入れたドリンクを作って、彼と一緒に飲んでるんですよ。なにが健康にいいのかいま模索中って感じでしょうか」

いつまでも彼と仲良く過ごしてくださいね。今日はどうもありがとうございました。

最終更新:2018/07/01 20:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

美魔女の更年期――子どもは独立、バツイチ同士の彼氏と半同棲生活を送る麻友子さん・51歳のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!