「プロトラベラー」羽石杏奈さんインタビュー

7名だけの職業「プロトラベラー」の収入は? ド派手に旅する金銭事情を羽石杏奈さんに聞く

Processed with VSCO with q4 preset
「プロトラベラー」羽石杏奈さん

 インスタグラムを見ていると、時折、尋常じゃないハイペースで海外に赴き、オシャレで映えまくった写真をアップしている女性に出くわすことがある。一体、いつ働いているの? 職業は何してるの? そして、そのド派手な旅のお金は、どこから出ているの……? 湧き上がる疑問と嫉妬を抑えるのに筆者は大変なわけだが、実はその中には、「プロトラベラー」として旅行をなりわいにして生きる女性たちが存在するという。「職業・プロトラベラー」とは、いったい何者なのか? 実際に話を聞いてみた。

■ミッションは「旅行に誘うこと」

Processed with VSCO with q5 preset 今回、話を伺ったのは、リアリティー番組『テラスハウス AROHA STATE』(フジテレビ系)に出演していたことでも知られる羽石杏奈さん(23歳)。ハワイ生活で培ったコミュニケーション力と度胸を武器にプロトラベラーとして活動しているという。そもそもプロトラベラーとは、いったいどのような仕事なのだろうか?

「プロトラベラーは、世界中を旅しながら文章や写真を通してSNSで旅先の感動を表現し、海外に興味を持つようになったり、実際に行ってみようと思う女性を増やすことや、旅に誘い、彼女たちの人生を豊かにすることをミッションとしたお仕事です。海外の素敵な場所の写真や、地元のお店を発掘、発信することで、女性たちに『私もここに行きたい、こんな写真を撮ってみたい』と思ってもらうことが目標の1つですね」

 現在7名いるプロトラベラー(R)(※プロトラベラー(R)はミツバチワークス株式会社の登録商標)の主戦場は個人のインスタグラムだが、クライアントの要求するテーマに沿った写真を撮影したり、商品のPRやイベント出演など、企業とのコラボ仕事も多い。例えば、旅行会社「ルックJTB」とのコラボでは、プロトラベラーの視点から見たフォトジェニックなシンガポール旅を提案。同社のパンフレットやウェブ、さらにトークショーなどのリアルイベントを総合的に組み合わせたプロモーション企画を実施し、若い女性にシンガポールの新たな魅力をアピールしたという。

新・憧れの職業?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

7名だけの職業「プロトラベラー」の収入は? ド派手に旅する金銭事情を羽石杏奈さんに聞くのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! SNSインタビュー海外旅行のニュースならサイゾーウーマンへ!