「プロトラベラー」羽石杏奈さんインタビュー

7名だけの職業「プロトラベラー」の収入は? ド派手に旅する金銭事情を羽石杏奈さんに聞く

誰もが「プロトラベラー」になれる?

Processed with VSCO with f2 preset 毎日、満員電車に押し込められて通勤し、長期休みなんてかなわぬ夢である筆者からすれば、嫉妬の対象でしかない……! そんな思いを込めて「周囲から嫉妬されたり、イヤミを言われたりしないのか」と尋ねると、羽石さんは笑顔でこう語った。

「心の中では何を思われてるのかわからないですけど、実際には『うらやましい』としか言われないですね。でも、この仕事はそう思われることが大事だと思うし、これからも憧れを持たれる職業としてやっていければと思ってます」

 もはや直視するのがまぶしいほど、その実態もキラキラしているプロトラベラー。気になるのは、収入だが……?

「月によって差はありますが、旅費は会社から出してもらい、その旅行にクライアントからのスポンサードをいただくっていう形なので、結局はどれだけ旅に出たかにもよります。すごく稼いでいるわけではないですが、最低でも都内で、普通に暮らせるぐらいの収入。最近は旅行回数が増えて、収入も上がってきています」

 旅好き女子にとって願ってもない職業、プロトラベラー。すでにインスタ女子たちの間では、憧れの職業となりつつあり、最近行われたプロトラベラーのオーディションには、なんと4万5,000人以上の応募が殺到。ダンサーやピアニスト、なかには芸能人の姿もあったという。もちろん、もともとはカメラマンでもモデルでもなかった、素人の女性たちが大半。旅の素晴らしさを伝えることさえできれば、どんな女性でもプロトラベラーになれる可能性はあるわけだ。

 素人だけど、旅に関してはプロ。芸能人でもなければ自分の知人でもない、プロトラベラーたちのその絶妙な距離感が、女性たちに支持されているのかもしれない。現在でも、随時募集中だというプロトラベラー。旅行好きの女性は、目指してみるのもアリかも?
(藤野ゆり/清談社)

最終更新:2018/04/16 15:00
TERRACE HOUSE TUNES

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

7名だけの職業「プロトラベラー」の収入は? ド派手に旅する金銭事情を羽石杏奈さんに聞くのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューSNS海外旅行のニュースならサイゾーウーマンへ!