[ジャニーズツッコミ道場]

セクシー、勝利、ジャニーズ……3つの呪縛に囚われるSexy Zone・佐藤勝利の“らしさ”

syoritan
しょりたんの本性はマジメな昭和男子・カツトシだもんね

 デビュー5周年を経てなお、「Sexy」の呪縛は続いているようだ。

 2月23日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演したSexy Zone・佐藤勝利を見て、そんなことを思った。この日、勝利が困っていることとして、嵐・櫻井翔に相談した内容は、<セクシーを求められすぎて セクシー迷子です>というもの。

 雑誌の撮影やテレビ番組で、「Sexy ZoneなんだからSexyに」と、常にこれを求められて困っているそうだ。メンバーの中島健人なんかは、逆にこれを最大限活用して、なんでもセクシーの舞台に持ち込むという、もはや“セクシー芸人”のようなポジションを確立しつつあるが、勝利は迷子になっていたのか。

 もともと「マイケル・ジャクソンのセクシーさを」という思いを込めてつけられたグループ名がSexy Zoneだ。そのため勝利も、「これはグループの宿命だと思うんですけど」と納得する素振りは見せる。だが、Hey!Say!JUMPだって、いつも「ジャンプして」と求められなかっただろうし、キスマイも常に「キス顔」ではない。嵐もずっと「嵐を巻き起こす」必要はない。でもSexy Zoneは今もセクシーを求められ、そして少なくとも勝利は、セクシー迷子になっている。

 さらに、“勝利”という名前の呪縛もある。いわく、「勝利っていう名前で、しかもジャニーズなので、“持ってる”ところを求められるというか」。セクシーであると同時に、勝利もしなくちゃいけない。そういえば、何かにつけ「勝利を目指してがんばります!」的なことを言い続けているが、“勝利迷子”にもなっていたのか。

 セクシー、勝利、ジャニーズと、3つの呪縛にかけられた佐藤勝利。しかし、そこに真正面から取り組もうとする生真面目な姿勢こそが、“ザ・勝利”らしさでもあると思う。

 そんな生真面目さの一方で、ジャニーさんの“オキニ”ゆえの自由さも併せ持つのが勝利だ。その自由さが発揮されたのが、同番組で梅沢富美男と共にめぐった、うどんロケだった。

大人たちはしょりたんがかわいすぎるから困らせたいの!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

セクシー、勝利、ジャニーズ……3つの呪縛に囚われるSexy Zone・佐藤勝利の“らしさ”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Sexy Zone佐藤勝利ジャニーズツッコミ道場のニュースならサイゾーウーマンへ!