若いだけが女優じゃない!おばあちゃんが大活躍する海外映画・ドラマの世界

 最近出たばかりのナイトウミノワ『いとしのおじいちゃん映画-12人の萌える老俳優たち』(立東舎、2016)を既に読んだ方はいらっしゃるでしょうか。イアン・マッケランやクリストファー・ウォーケンなど、還暦後も活躍するおじいちゃん俳優の魅力を軽妙に描写したエッセイ集です。これを読んで、おじいちゃんが出てくる映画をもっと見たいと思った方もいらっしゃるかと思います。

 おじいちゃんがいるなら世の中にはもちろんおばあちゃんがいます。性別を問わず、良い役者は年齢を重ねると演技に味わいが出るもので、おばあちゃんの名優もたくさんいます。今回の記事はお正月ということもあり、長寿と繁栄を祈っておばあちゃんが登場する海外の映画やドラマを紹介したいと思います。

おばあちゃんの受難

 悲しいことに、おばあちゃん俳優はおじいちゃん俳優に比べると厳しい立場に立たされています。とくにハリウッドにおける女性差別と年齢差別は深刻です。大女優メリル・ストリープは、取材に対して40歳を過ぎると魔女役ばかりオファーされるようになり、もう良い役が来ないのではないかという不安に苛まれたことを述べています。中年以降の男性スターの相手役としては35歳以下くらいの若い女優が起用され、マギー・ジレンホールは「55歳の俳優の相手役として37歳の女優は年を取り過ぎている」と言われたそうです。この調子では、中年、ましてやおばあちゃんといえるような年の女優が良い役を得られるチャンスは減ってしまいます。

 このように、若くない女性が映画界で軽視されているのは良いこととは言えません。女性は若さや美しさだけで価値をはかられるモノではなく、子どもからおばあちゃんまで移り変わる人生を積み重ねる人間です。映画やテレビドラマはどんなことでも表現できる素晴らしい可能性を秘めた芸術で、男性だけではなく女性の老境も描けるはずですが、映画界、とくにハリウッドは中年以降の女性を描くにあたり怠慢だったと言っていいでしょう。年配の女性を描いたよい台本がなければ、名女優が老いていく様子を見ることもできません。映画界のおばちゃん・おばあちゃん不足は大きな問題です。

映画のおばあちゃん

 おばあちゃん俳優の起用という点では日本やヨーロッパはハリウッドよりまだマシで、年配の女性をヒロインにした映画もよく見受けられます。日本では70過ぎても活躍している女優がけっこういて、例えば樹木希林は今でもいろいろな映画で重要な役を演じ、昨年のお正月の広告では『ハムレット』のオフィーリアに扮して話題になりました。ヨーロッパでは、カトリーヌ・ドヌーヴがインタビューで発言しているように、年配の女性に関する映画がアメリカより盛んに作られています。

 フランスはおばあちゃん俳優の宝庫で、73歳のドヌーヴはもちろん、80代半ばで『クロワッサンで朝食を』(2012)に主演したジャンヌ・モローや、『92歳のパリジェンヌ』(2015)に主演し、尊厳死を求める92歳のヒロイン、マドレーヌを演じたマルト・ヴィラロンガなどがいます。イギリスには007シリーズのM役や『あなたを抱きしめる日まで』(2013)などでおなじみのジュディ・デンチ、70歳過ぎても引っ張りだこのヘレン・ミレン、現在『ミス・シェパードをお手本に』が日本で公開中のマギー・スミスがいます。

 ドイツでは『バグダッド・カフェ』(1987)で有名なマリアンネ・ゼーゲブレヒトが『バチカンで逢いましょう』(2012)で主演をつとめており、ドイツからカナダに移住した移民で、同郷人のローマ教皇に会おうとイタリアに旅するおばあちゃんをエネルギッシュに演じました。ちょっと変わったところでは、スイス映画『マルタのやさしい刺繍』(2006)があります。保守的な田舎に住む80歳のおばあちゃんマルタ(シュテファニー・グラーザー)が、友人たちの助けを受けて、若い頃の夢だったがあきらめていた可愛い刺繍ランジェリーの店をオープンさせようとする……という物語です。

 おばあちゃんに冷たいハリウッドですが、少しは光明も見えます。2015年にスーザン・サランドン主演で『マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり』という映画が作られました。この作品はサランドン演じる初老の寡婦マーニーが娘の住むロサンゼルスに引っ越し、そこで新しい体験をするという物語です。いつもはコワモテの役が多いJ・K・シモンズが心優しい退職警官を演じ、マーニーと熟年の恋に落ちる展開もあります。日本では公開されませんでしたが、本当ならこのような映画を日本でも見られるようにしてほしいものです。

テレビドラマのおばあちゃん

 英語圏のコンテンツで忘れてはならないのがテレビドラマです。英米のドラマは何シーズンもかけて様々な人々をじっくり描くので、ご老人もたくさん登場します。今回はとくにイチオシのおばあちゃんドラマ2本を紹介します。

 ひとつめはイギリスのITV制作のドラマ『ダウントン・アビー』です。1910年代から20年代にかけて、ヨークシャの屋敷を舞台にグランサム伯爵一家とその使用人たちの人生を描いた時代ものです。イギリスでは既に放送終了していますが、日本では現在、第5シリーズが放送中なので、ネタバレしないよう気をつけて説明したいと思います。

 この作品に出てくるおばあちゃんといえば先代グランサム伯爵夫人ヴァイオレット(マギー・スミス)です。ヴァイオレットはこれぞ貴族という女性で、頑固で保守的ですが頭の回転が速く、家族思いです。孫娘メアリーの夫の母で、中流階級出身で現代的なもう1人のおばあちゃん、イザベル(ペネロープ・ウィルトン)とはライバル関係です。

 この作品の良いところは、おばあちゃん2人の「祖母」としての面以外についても丁寧な描写があるところです。ありきたりな作品では、おばあちゃんというのは子どもや孫のことだけを心配している「祖母」で他の側面を持っていないか、あるいは偏屈でグロテスクな老婆として描かれるか、どちらかになりがちですが、この2人はそうではありません。ヴァイオレットもイザベルも子や孫を気遣いますが、一方で若者に負けず恋愛や社交をします。2人とも慈善事業にいろいろ関わっていますし、ヴァイオレットはロシアから亡命してきた昔の恋人と劇的に再会し、イザベルは何度か求婚されます。最初ケンカばかりしていた2人はいつしか親友になり、イザベルが求婚されているのを見たヴァイオレットが、親友がいなくなる不安にかられて寂しさを露わにするという、おばあちゃん百合とも言えるような細やかな愛情表現の場面まであります。この後のお話は日本未放送だと思うのでヒミツにしておきますが、今、このドラマを見ている方々はどうぞおばあちゃん2人の友情の熱い展開に注目してください。この2人が座ってお茶を飲んでいるだけで場面に味が出ます。

 次に紹介したいのは、アメリカのHBOがジョージ・R・R・マーティンのファンタジー小説『氷と炎の歌』シリーズをもとに作ったドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』です。messyでも一度特集されているヒット作なのでご覧になった方も多いかと思います。架空の地域ウェスタロスやエッソスを舞台に、七王国を統べる王座をめぐって争う人々の権力闘争を壮大なスケールで描いています。

 このドラマに出てくる私のお気に入りキャラのひとりが、ダイアナ・リグ演じるおばあちゃん、オレナ・タイレルです。オレナは若い頃は大変な美人だったようで、ハイガーデンの領主ルーサー・タイレルの寡婦です。有力ですが頼りない男性ばかりのタイレル一門で事実上の当主をつとめ、孫であるロラスとマージェリーの栄達のためには手段を選びません。機知に富んでいて皮肉ばかり言っていますが、宮廷政治のプロで、作中随一の策謀家である王の外祖父タイウィン・ラニスターと対等に渡り合えるほぼ唯一の政治家です。第6シーズンでは愛する家族を失ってひどい痛手を被ったオレナが、第7シーズンでどんな策謀をめぐらせてくれるのか楽しみです。

 ヴァイオレットやオレナはどちらも機転の利くおばあちゃんということでしばしばファンの間で比較されますが、一方でこのようによく描けた老女キャラがそもそもあまりテレビに出てこないため注目されているという指摘もあります。ヴァイオレットが人気を博した後にオレナが出てきたこと、また原作に比べてテレビドラマではオレナが少し複雑で大きな扱いになっていることを考えると、視聴者はもっとこうした奥行きのある年配の女性キャラを求めており、クリエイターのほうもある程度視聴者の動向を汲んでいるのかもしれません。

おばあちゃん映画・ドラマの重要性

 駆け足でいろいろなおばあちゃんが登場する映画やドラマを紹介してきましたが、共通しているのはどの作品も、おばあちゃんをステレオタイプな存在として描いていないことです。今回紹介した映画やドラマのおばあちゃんたちはいろいろな人々と付き合い、自分の趣味や仕事を楽しむ深みのある人間として描かれています。欠点(たいていは凄く頑固)も良い点もたくさん持ち合わせており、完璧ではありませんが人間味に富んでいます。女性が若さや外見の美しさだけで価値をはかられがちな現代社会において、そうしたものを持ち合わせない、あるいはそうしたものから解放されつつ、老年に伴う知恵や経験を身につけた女性の生活を生き生きと描くことは、ステレオタイプを打ち破り、女性の映画ファンやテレビドラマファンに希望を与えることにつながると思います。早死にしないかぎり、老年はやってくるものです。生き生きしたおばあちゃんが登場する作品を見て老年の準備をするのも悪くないだろうと思います。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

若いだけが女優じゃない!おばあちゃんが大活躍する海外映画・ドラマの世界のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

ジャニーさん お誕生日おめでとうございます
ジャニーさん お誕生日おめでとうございます