今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

TOKYO MX、ショーンKレギュラー起用の裏事情とは?

seank
『「自分力」を鍛える 』(あさ出版)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎再生への道
 ショーンK、TOKYO MXでレギュラー番組決定。経営コンサルタントとして、経済人に話を聞くインタビュー番組だそうで。お察しのとおり、笑いの要素一切なし。正月の特番起用も話題にならなかったし。あんまりコスパいい起用とは思えないのだが。

 ひょっとしてこれ、『5時に夢中!』(TOKYO MX)と『バラ色ダンディ』(同)におびき出すためのエサってことはないだろうか? フツーに呼んでも「笑われること」を極端に恐れる彼は、絶対に出ない。しかし「新番組の番宣で」と言われたら、同局なんだから出ざるを得ないわけで。そういう深遠な仕掛けがあったのか。孔明の罠か。

◎スター誕生
  何かこう、終わってみれば皆の心に刺さりまくりだった「宮川から君へ」会見。ベクトルでいうと、『泣いた赤鬼』とか『ごんぎつね』の読後感に近い気が。これ日本人好みのラインなんだよな。ああ、加害者だけども、宮川くーんっ!

 そして、また直後の日大側会見の振り幅のデカさよ。ま、「そんなこと言ってない」の主張は予想の範疇だが。予想だにしなかった新キャラ登場。司会者。ヨネ爺。「落ちません!」ってLINEでヨネ爺スタンプ出したら受験生買うかな。いや、実際には落ちてるからダメか。「実はオチる」で、芸人がゲン担ぎに買うかな。

 本当は、高度プロフェッショナル制度や財務省による新たな記録提出など、日大どころじゃないニュースが目白押しなのだが。新星・ヨネ爺の発破力にみんな釘付け。内田正人前監督の厚顔も、井上奨コーチの卑劣も、ほかの重大ニュースも、全て吹っ飛び「あのコは誰?」状態。国民の興味一人占めの、憎まれそうなニューフェイス。「1プレー目から潰してこい」という政府の指示で送り込まれた鉄砲玉という可能性も否定できない。孔明の罠か。

◎延命措置?
  何か情報を出すたびヤンヤ言われる浜崎あゆみ。「炎上商法」というのとも若干趣が異なり、何を言っても何をしても「劣化した」「太った」「あんた誰?」と同じ反応。そのコール&レスポンスの整い方は、ある意味、一幅の絵のようでもあり。しかし、これも年末まで。「あゆに比べて安室ちゃんは……」で完結する様式美を失ってしまった後は、痛さすら話題に上らなくなる可能性が。

 そこでひり出されたのが、松浦勝人・エイベックス社長による「あゆを何とかしてください」直訴コーナーということではないのか。毎週毎週、あゆに対するあらゆる角度からの苦情が読み上げられ、それに「本人と話します」という一言のみで応じる松浦社長。深夜ラジオの新コーナーか。

 これで浜崎本人が自分の真の姿に気づき、心を入れ替え精進し出したら御の字。逆にヘソ曲げて齟齬が生じれば、体よく厄介払いができて、それはそれでまた御の字。いよいよそこを狙い出したということなのか。孔明の罠か。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

TOKYO MX、ショーンKレギュラー起用の裏事情とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!