[女性誌速攻レビュー]「ar」5月号

四つん這いで、にんじんをくわえる吉岡里帆は「計算じゃない」! 疑問だらけの「ar」モテ指南

ar0501
「ar」2017年5月号(主婦と生活社)

 「雌ガール」や「おフェロ」といった新語を生み出してきた20代向けビューティ&ファッション誌「ar」(主婦と生活社)。その「モテよう! 女子力!! 色気出そうぜ!!!」と一切の恥じらいなく発信する世界観は、現在も衰えることなく続行中ですが、5月号のテーマは「可愛くなるチャンスは今! Beauty Addict」。ここ最近のどの号と比べても、大変ざっくりとしたテーマです。さらに誌面のどこを読んでも、なぜ可愛くなるチャンスが今なのか、その根拠は書かれていません。春だからですか? 過ごしやすい時期だからですか? それとも新製品が多く発売される季節なのでしょうか? こういった些細なことにも根拠を求めてしまう女性は、「ar」の世界観とは相容れないように見えますが、実は逆なのではないかと思うのです。なぜなら、一切の論理性を無視したテンションとオシャレっぽい雰囲気に、ただ身を任せることの気持ち良さを感じられるから。そのために、さぁ今月も「ar」を手に取りましょう。

<トピックス>
◎ベビーなエロティック顔がクルーっ(ハート)
◎有村架純、デニムgirlになる
◎モテるよ“ゴルフ女子”

■カタカナ言葉の雰囲気に酔うメイク特集

 ビューティ企画の最初は、メイクアップアーティスト・イガリシノブとモデル・森絵梨佳の“おフェロ”顔ブーム立役者コンビによるページ。今号で提唱される「ベビーなエロティック顔」が、これまでの「おフェロ顔」とどう違うのかは、やっぱりここでもはっきりと示されることはありません。ベビーなエロティック顔とは「最強にソソるオンナ像」であり「ウブでエロスでキュンキュンさせるウワテなベビー顔」だそうですが、この異様なカタカナ多用にどのような効果を持たせたかったのか。そこも、気にせず流しましょう。

 今回のメイク方法は、「自分の主張を押し出さず、キラめきと色に頼り切る」というもの。ベビーのような「ぽや~んとした頼りなさ」を醸し出し、「男子みんなが構いたくなるフレンドリーな愛されオーラ」を発することができるそうです。何度読んでも、ベビーとエロスがイコールでつながりません。ベビーにエロスを感じる男性には普通、犯罪のにおいしか感じないような……?

 しかし、そんなことも考え込んではいけません。思考を停止して「ベビーなエロティック」という、やわらかな文字面の雰囲気だけにときめけばよいのです。そうすると、だんだん気持ちが明るくなってきませんか……? そうは思っていても、1つだけどうしても説明がほしい箇所がありました。水色のネイルが「ベビーなニュアンスを生む」と、特に解説もなく書かれています。なぜ水色ネイルがベビーなのか。編集部に質問状を送りたいまでの衝動にかられます。まったく想像が付かなかったので「水色 ベビー」でネット検索してみたところ、水色のランジェリー(ベビードール)を着たセクシー美女画像がたくさん出てきました。謎は深まるばかりです。

仕事を選ばない吉岡里帆のガッツたるや

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

四つん這いで、にんじんをくわえる吉岡里帆は「計算じゃない」! 疑問だらけの「ar」モテ指南のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ar女性誌レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!