セーラーズの行列すごかったよね……

いまバブル文化がウケる理由は? ディスコは「盆踊り」、ペンシルスカートは「ボディコン」

■若い世代は、バブルを冷静に半笑いで楽しんでいる

 ディスコの復活を歓迎しているのは大人世代だが、それはある意味、懐古ともいえる。また、たとえば最近は、太い眉毛がメイクの主流とはいえ、バブル期のような極太の眉をしている若い女性はいない。ライターでバブル時代研究家のDJGB氏は、若い世代にとってのバブルはコミュニケーションのキーワードなのだと話す。

「現在30歳以下の方々は、生まれて以降『景気がいい時代』がほとんどなかったわけで、バブル時代の現象が新鮮に映るのは当然です。加えて、当時を知る世代には“思い出補正”もあり、語られるのは楽しかったことばかり。若い世代にとっては、『バブルの頃ってホントにこうだったんですか?』という問いが、上の世代とコミュニケーションをとるきっかけとしても、便利なんだと思います」

 また、「こうした回帰ブームは、今回が初めてではない」とDJGB氏は語る。

「まさにバブル絶頂の90年には、その名も『おやじGALS』というグループが『平成スーダラ節』という曲を発売しています。原曲の『スーダラ節』の発売が61年ですから、今回のバブルブームと同じく、約30年周期です。『世代をまたいで話題にできる』のがブームですからね。ただし若い世代は、冷静に、半笑いで楽しんでいるように見えます。バブルファッションが“ウケている”のは事実ですが、決してリバイバルしているわけではないですよね。本気で平野ノラさんの『肩掛けケータイ』『太い眉毛』『肩パット』がおしゃれでカッコイイと思っている人は、まずいないですし(笑)」(DJGB氏)

■父親や母親が着ていた洋服を、娘が着ることも

 ブームは巡る。さまざまな分野で共通して言われている言葉だ。バブル期そのままの文化が復活したわけではないが、ファッション界では当時のブームを受け継いでいるアイテムもあるという。

「最も象徴的なのは、ペンシルスカートだと思います。昔はタイトスカートと言いましたけどね(笑)。ひざ丈のものが主流ですが、体のラインをあらわにするシルエットは、ボディコンの語源であるボディ・コンシャス(体を意識した)のコンセプトに沿ったものです。ボディコンを扱っているブランドもいまだにあって、通販を中心に、意外に売れているようですよ」(ファッションブランド代表)

 そのほかにも86年の映画『トップガン』で流行したフライトジャケットはデザインを今風にして、さらに、バブル絶頂期に注目されたケミカルウォッシュのジーンズも、“ダサかわいい”アイテムとして受け入れられているという。

「バブル期に青春時代を過ごした父親や母親が着ていた洋服を、現代風のコーディネイトにアレンジして、娘が着ることも増えているようです。2015年には、おニャン子クラブが衣装として使い、80~90年代に一世を風靡した、水兵のロゴがトレードマークのブランド『セーラーズ』が復活し、タレントの千秋さんが着たのがきっかけで、順番待ちになるほどの人気です。形を変えながらも、バブル文化は受け継がれているといえると思います」(同)

 バブルを懐かしむ世代と面白がる世代、楽しみ方は年齢によって異なるとはいえ、日本が元気だった時代を象徴する当時の文化、アイテムは、世代を超えて人を惹きつけるパワーを持っているようだ。
(Kazuhiko Inose)

取材協力:
ライター・バブル時代研究家DJGB Twitter Facebook
DJ OSSHY 公式HP

いまダサいものも30年後にはおしゃれになるかも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

いまバブル文化がウケる理由は? ディスコは「盆踊り」、ペンシルスカートは「ボディコン」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! バブルファッション流行のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 「ガリクソンは闇金」告発者を実名暴露
  2. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  3. 『昼顔』劇場版、前評判が「最悪」!?
  4. 真剣佑、改名&移籍の裏事情
  5. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  6. NEWS・手越、LINE流出疑惑で波紋
  7. 山辺節子容疑者はどこを整形した?
  8. 宮沢りえ、仕事サボってデート!?
  9. 福原愛、Twitter開設でアンチが監視体制
  10. 射精にこだわる“回数乞食”の男たち
  11. ムショで自殺はなぜ起こる?
  12. ビオレの定番クレンジング3種のヤバイ点
  13. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  14. 高橋一生が『直虎』で見せる芝居
  15. 熊田曜子、テレビ露出増のコワい裏事情
  16. 2度目の不倫は罪の重さが違う?
  17. レズビアンカップルの老後
  18. プウ美ねえさんが語るセックスレス
  19. 『鉄腕!DASH!!』城島がまたアレを作る
  20. 斎藤工、セックススキャンダルの神対応

ジャニーズの人気記事

  1. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  2. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  3. NEWS・小山の「痴態」音声流出
  4. マンガ『ヅャニーさん』42回
  5. NEWS・小山、“整形疑惑”を完全否定

カルチャーの人気記事

  1. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  2. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  3. スメハラの汗かき男と口臭上司についにブチ切れ! クサイのは向こうなのに、なんで私が悪者なの!?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 口臭、汗、洗濯生乾きに化粧品臭! どいつもこいつも臭い職場に「無臭男子」が現れた!

海外ゴシップの人気記事

  1. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  2. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  3. コリン・ファレル、陰毛処理を失敗
  4. MCハマー、55歳でもキレッキレのダンス
  5. ハリー、元カノの名前に大慌て