[連載]イケメン図鑑

映画『ひるね姫』の満島真之介さんに直撃♪ 夢は“胸キュン系”アニメの吹き替え!?

mitusima-01 mitusima-02 mitusima-03 mitusima-04 mitusima-05
mitusima-01-01 mitusima-030-01 mitusima-03-01 mitusima-05-01 mitusima-04-01

 2017年3月18日公開のアニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』で、ヒロインのココネ(声:高畑充希)の幼なじみ・モリオの声を演じる満島真之介さん。ドラマ『夏目漱石の妻』(NHK)、映画『オーバー・フェンス』や「コカ・コーラ」のCMなどに出演し、最近メキメキ頭角を現している注目の俳優です。その満島さんに直撃し、『ひるね姫』のこと、役者の仕事のこと、プライベートなことなど語っていただきました。

――今作では、ヒロインの幼なじみで理系男子のモリオの声を演じられていますね。テレビアニメ『僕だけがいない街』(フジテレビ系)でもアフレコをしていましたが、声の演技での役作りはどのようにしていますか?

満島真之介さん(以下、満島) モリオは岡山県出身なので、彼が岡山でどんなふうに生きてきたのかを想像するのが大切だなと。岡山ならではの景色を見て、空気を吸って、育ってきたんだな、と想像しながら演じました。僕は岡山に何度か行ったことがあるので、あの場所で生きてきた青年が何を見てきたかということは体感できたし、理系の大学に通う彼が、里帰りして、最先端の技術を地元の友人に見せて「すごいとだろ!」と言いたい気持ちもわかります。モリオの技術が、将来、地元の活性化などにつながっていくのかなと考えたりもしましたね。

――モリオの将来まで具体的に想像して役作りをされていたんですね。声の収録現場はいかがでしたか?

満島 実写の仕事は、俳優として自分の皮膚、細胞まで、全て演技に反映させる仕事で、外見も含めて、自分が役としてどういう状態かを表現するものだと思うんです。でも、声優は心の持ち方が重要。実写は髪形や衣裳など外見に助けられますが、声の仕事はそれがないんです。呼吸、話し方、声質など、全然ごまかしようがなくて、その人自身が丸ごと出てしまうような気がします。人は、外見は気にするけど、自分の声と向き合うことってあまりないんじゃないかと思うんです。声優の仕事は初めてではありませんが、劇場用アニメのアフレコは初だったので、監督に身を委ねながら、自分の声としっかり向き合うことができて良かったです。

――声優の仕事は、自分の声を新たに発見できるんですね。

満島 そういう気がします。自分がどんなふうに、どんなリズムで話しているのか、言葉につまったり、息を飲んだりする時はどういう時なのか……などを知ることができます。あと、アフレコは声を出すタイミングが決まっているので、自分が経験したことのないタイミングで言葉を発しながら、声の流れみたいなものができあがっていくんです。モリオのタイミングで僕の生きた声を乗せていくという作業。モリオはこういう人間だから、こういうふうに演じるというのではなく、モリオという人物に僕の今まで生きてきた声を預けます!という感じです。

満島家はそろって話好き……なるほど……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

映画『ひるね姫』の満島真之介さんに直撃♪ 夢は“胸キュン系”アニメの吹き替え!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! イケメン図鑑のニュースならサイゾーウーマンへ!