[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP、「ハガキ職人」活動にファン注力! テレビ・ラジオにお礼&継続願い届ける

2014mrsmap
みんなが夜なべして書いたハガキの気持ちよ、届け~!

 グループ活動終了まで1カ月半に迫ったSMAP。各メディアの関心が『NHK紅白歌合戦』への出場可否や、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回に集まっているなか、SMAPファンは解散を阻止すべく、積極的に行動を起こし続けている。

 8月の解散発表後、SMAPファンの間では「世界に一つだけの花」購買運動が盛り上がりを見せたほか、グループの存続を求める署名活動もスタート。直筆署名のプロジェクト「5☆SMILE」は11月5日の最終受付をもって締め切りとなったが、参加者は25万人を突破したという。また、「5☆SMILE」と連携したネット署名も11月11日で受付終了を迎えたため、以後は「世界に一つだけの花」の購入や、ラジオやテレビへ番組継続願いのお便りを送付するなどの地道な活動が中心になっている。

「SMAPファンはそれぞれテレビ・ラジオ局や、メンバーが出演するCMの企業などに電話やメール、ハガキなどでお礼と番組継続希望を送っています。また、メンバーに宛てたメッセージも事務所にファンレターを送るのではなく、ラジオ番組にお便りを送るケースが多いようです。ラジオの方が、メンバーが目を通す可能性が高いですからね。お便りの手法として、ファンは“ハガキ”を使用しており、Twitter上には『#スマヲタハガキ職人』というハッシュタグも存在するほど。趣向を凝らしたハガキの写真が数多くアップされています」(ジャニーズに詳しい記者)

 11月15日にはラジオ『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送)に関し、来年1月5日放送分からタイトルを変更して放送することが明らかに。ひとまず番組継続は決まったものの、「来年4月以降については再検討」するというだけに、ファンは「『ストスマ』継続だけど3月までって言ってるから油断できない……。ハガキを書くの頑張る」「来年3月まで継続でとりあえずよかった。4月からも継続できるようにハガキ職人しなくちゃ」などと、奮起している。

「SMAPファンの中には、番組でメンバーと共演したタレントにお礼のハガキを出す人もいるようです。あるSMAPファンのTwitterユーザーが、ブレーク中のお笑い芸人・平野ノラから“返信”が来たと明かし、一部で話題に。平野といえば、バブル時代を連想させるネタが特徴ですが、10月24日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した際もバブリーネタでメンバーの笑いを誘っていました。このファンは『SMAPを笑顔にしてくれてありがとう』という内容のハガキを書いたところ、返事が来たと明かしています。アップされている平野からのハガキを見ると、ネタでも使用している旧式の携帯電話を持った自身の写真を貼り付けた上で、『しもしも~ハガキありがとう』『SMAPのみんなゲロマブいい男だったゾ!!』と、キャラを保ったまま心あるコメントが記されていました」(同)

 気の利いた返信により、SMAPファンの間で株を上げた平野だが、こうして返事が届けられることはレアケースだろう。ハガキを出す上で返信目的に走らず、タレントや番組制作スタッフに過度な期待を押し付けず、感謝や要望を届けることを第一に、あと1カ月半、活動を続けていってもらいたい。

丸文字世代からのハガキにグッときちゃう~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク