サイゾーウーマン世論調査

「山田涼介に月9務まるのか」「織田裕二は演技に幅ナシ」大爆死しそうな秋ドラマランキング

 10月に突入し、2016年も残すところあと3カ月。ドラマも16年最後のクールとなり、新作秋ドラマが続々と放送されている。そこで、今回は男女100名を対象に「大爆死しそうな秋ドラマランキング」のアンケートを実施。すでに期待されていないドラマを調べてみた。(Sagooooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:年齢不問・男女/有効回答数:100)

akidramabakusiranking.jpg
1610_daibakusi_2.jpg
『カインとアベル』(フジテレビ系)公式サイトより

 31票獲得でダントツ1位となったのは、Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)。「旧約聖書」に登場するカインとアベルという兄弟の物語にちなんだ米映画『エデンの東』のリメークとなる同ドラマは、山田演じる主人公・高田優が、家族や仕事、恋愛での葛藤を通じて、本当に大切なものを手に入れようとするヒューマンラブストーリーなのだが、

「最近の月9は本当に内容が面白くなくて、見る気がしないので今回も見ない」(40代/女性/契約・派遣社員)
「予告を見て面白そうだと感じませんでした。初回だけ視聴率が取れても、2回目からは低迷しそうな気がします」(20代/男性/会社員)
「山田涼介さんのネームバリューでは、一部のジャニーズファンしか見てくれないと思う」(40代/男性/無職)
「月9だというのに、今初めてタイトルと主演を知ったから。もうジャニーズで視聴率が取れる時代ではないと思う」(30代/女性/専業主婦)
「山田涼介は好みが分かれると思うし、ドラマ名からして意味がわからない」(30代/女性/パート・アルバイト)

など、ここ最近低視聴率が続いている月9であること、また主演・山田のネームバリューを不安視する人が続出。また、「どろどろしたイメージが強い作品なので、主演が山田君に務まるのか不安です」(30代/女性/パート・アルバイト)など、山田の力不足を懸念する声も少なくない。

 続いて13票を獲得して2位になったのが、織田裕二主演の『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)。織田はやんごとなき人物の末裔で、暇を持て余すIQ246の天才・法門寺沙羅駆役を演じ、土屋太鳳が刑事役、ディーン・フジオカが沙羅駆の執事役で登場するミステリードラマだ。これについては、

「織田裕二さんはやっぱり『青島君』なので、中途半端にこういう役をやるよりも、もっと大胆な革新が必要だと思います」(40代/女性/専業主婦)
「今さら織田裕二で警察ものか、という“おなかいっぱいもう要りません”感に満ちていると思う」(50代/女性/専業主婦)
「織田裕二のドラマがヒットしたのがずいぶん前なので、今さらという感じがました」(30代/女性/会社員)
「織田裕二のドラマは、なんとなくどれも同じに見えてしまう。ディーン・フジオカや土屋太鳳も、ドラマに出すぎている感じがして、あまり新鮮に感じない」(40代/女性/パート・アルバイト)

など、やはり『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で演じた青島刑事のイメージが強いよう。そもそも、「織田裕二は演技に幅がないから。よほど面白い脚本でなければ勝負できない」(20代/女性/その他専門職)、「織田裕二は知的な感じがしないし、年齢を重ねても変わらず、何をやっても同じような感じがして見る気がしません」(50代/女性/パート・アルバイト)など、織田自身に演技力が足りないという意見も。やはり、主演の演技力がドラマを見るかどうかの大きな基準になるようだ。

 3位は吉田羊主演の『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』。12票獲得と2位に僅差で迫り、トップ3のうち、2つがフジテレビのドラマとなった。吉田演じる橘志帆を中心とした女性医師たちが、原因不明の病の謎や、患者たちの悩みを解決していく医療ミステリーなのだが、

「医療ドラマで女性が中心になるということ以外、工夫がなさそうだからです」(20代/女性/会社員)
「医療ドラマなら安泰だと思っているんだろうけど、この手のものはもう飽きた」(30代/女性/専業主婦)

など、ドラマジャンルの中でも人気の医療がテーマであることに、オリジナリティのなさを感じるようだ。また「そもそも吉田羊さんの容貌・話し方・雰囲気が苦手なので、個人的に見ようとは思いません」(40代/女性/専業主婦)、「主役が多大なバッシングを受けているので厳しいですね」(30代/男性/会社員)など、Hey!Say!JUMP・中島裕翔との7連泊愛報道が影響してか、吉田自身に対する否定的な意見も多い。

 8票獲得の4位『キャリア~掟破りの警察署長~』(フジテレビ系)は、玉木宏主演の刑事ドラマ。玉木扮する遠山金志郎が、キャリア警察署長でありながら自ら街に出て事件を解決するという、まさに“平成版遠山の金さん”な内容だが、「刑事ドラマは似たようなものが多くて、あまり変わり映えしないから」(30代/女性/専業主婦)と、ありきたりな設定に興味が沸かないよう。また「主演の玉木宏は女性受けしそうですが、同性から支持を得られるのか微妙だと思います」(30代/男性/会社員)と、主演俳優のキャスティングが完全に女子狙いという声も。

 5位は、7票獲得で石原さとみ主演の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)。「そろそろ石原さとみの人気が落ちてきそうな感じがする」(20代/男性/自由業・フリーランス)と、石原主演のドラマに飽きてきたという声もあれば、「まず題名がダサい。主演がよくても題名でがっかりしてしまうから」(30代/女性/専業主婦)という声も。

 また、大ヒットシリーズである米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)も7票獲得で5位。こちらは、「そろそろ爆死しそうな感じがする。話的に飽きてくると思います」(40代/男性/会社員)、「前回のスペシャルもつまらなかったし、米倉涼子の演技もうまくないので飽きてきた」(40代/女性/専業主婦)と、ネタ切れ感を懸念する意見が上がっている。

 6票で同率7位となったのは、沢村一樹主演の『レンタル救世主』(日本テレビ系)と天海祐希主演の『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)。『レンタル救世主』には、「タイトルからしてあまりパッとせず、面白いと思えないから」(20代/女性/会社員)、また『Chef~三ツ星の給食~』には、「久々の天海さんの主演ドラマで楽しみなのですが、料理系はあまり面白そうではないから」(40代/女性/専業主婦)との声が。

 そのほか、9位に5票獲得の唐沢寿明と窪田正孝W主演の『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)、10位に4票獲得で新垣結衣主演の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)、11位にわずか1票差で菅野美穂主演『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)となった。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク