再構築はできず

乙武洋匡、離婚報告コメントに批判噴出! 「反省してない」と指摘された“ある部分”

2016ototakebook.jpg
『子どもたちの未来を考えてみた』(PHP研究所)

 今年3月、一部週刊誌で不倫を報じられた作家・乙武洋匡氏が、妻・仁美さんと9月9日に離婚していたことを発表した。14日に自身の公式サイトで「私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15年という長い歳月、家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません」などと元妻への思いをつづった乙武氏だが、ネット上ではコメントの“ある部分”に批判が噴出しているという。

 3月発売の「週刊新潮」(新潮社)のスクープにより、不倫が発覚した乙武氏。2015年末に20代後半の女性とチュニジアとパリへ旅行に出かけたことを問われると、「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」と告白。彼女とは3~4年前からの付き合いになり、これまで5人の女性と“不倫”したことを認めていた。

「乙武氏は夏の参院選出馬が取り沙汰されていましたが、“5人と不倫”の衝撃度は高く、出馬を断念。また、4月に開催された乙武氏の誕生日パーティーでは、仁美さんが『家族としてやり直していきたい』などとスピーチしたことが話題になりました。ところが、一転して6月には仁美さん&3人の子どもと別居していると報じられました」(芸能ライター)

 今回、乙武氏は離婚を報告するとともに、「夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です」と、決意を表明。しかし、このコメントについてネットユーザーからは厳しい声が飛んでいる。

「特に『今後も彼らに恥じぬよう』という一文に違和感を抱いた人が多かったようで、『今後も? 今後は……じゃないの?』『乙武さんの「今後も彼らに恥じぬよう」って言葉引っかかる。不倫は恥じゃないの?』『恥じるようなことしたから、離婚に発展したってことわかってないのかな』『全然反省していないように思える』などと、辛辣な意見が続出しています。その一方で、前妻や子どもたちを悲しませたという事実については痛烈批判されているものの、乙武氏の今後の生活を不安視する声も見受けられました」(同)

 まずは仁美さんや子どもたちが平穏に暮らしていけることを願うばかりだが、乙武氏は今後どんな活動を展開していくのだろうか?

プロネットユーザーはたった一文字も見逃さないよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと