今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

白無垢に水素水生成器で笑われても……藤原紀香という芸能人の“有難さ”

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

norikafujiwara00.jpg
いなくなったら寂しいわ!

◎パワー覚醒
 すごいな。呪われてるのか福山雅治。

 結婚で大ブーイング、ドラマ大コケくらいまでは、「よくある凋落」だったのだが。ストーカーの家宅侵入、からの裁判劇、コンサートでスタッフ大ケガと、「その手があったか」というアプローチ豊富な弱り目に祟り目。って、この表現も生々しいな。

 とにかく、初めて見る「落」のバリエーションの多さは、逆にもうエンターテイナー。以前なら有難味があったであろうマツコ・デラックスや黒柳徹子との共演も、もはや「おこぼれ頂戴」の画ヅラにしか見えず。呪。

 すごいな福山雅治。いや、大スターを短期間でここまで下ろす吹石一恵の重力の磁場を見事と言うべきか。さげまんどころじゃない。のろまん誕生。

◎過剰摂取にご注意
 梅にウグイス。竹に虎。藤原紀香と水素水。一幅の絵のような。

 白無垢に水素水と、痛い寒いと笑われ突かれる紀香であるが。しかし、やたらとマーケティング戦略やイメージ構築に長けたタレントが多い今、こういう昔ながらのエグ味が残る芸能人というのは、ある意味有難いといえないか。もし芸能人がみんな堺雅人みたいだったら、正しいけれど、つまんないもの。

 披露宴で、あまり発言せず、控えめに振舞う紀香。真っっっっ白な白無垢。携帯蚊取り線香入れみたいな水素水生成器(家紋入り)。あー、たまらん。最近本当に満腹感少なめの芸能人多いから。また、お相手が愛之助ってとこが、合口いいのがダブルで被さる感じでたまらん。「女優は続けていきます」って、どんな依頼がある体で言ってんだろ。とにかくたまらん。浜崎あゆみもたまらんけど、小出しだから。こうしてコンスタントに提供してくれる存在は、やっぱり有難い。

 エグ味好きの人間にとっては、紀香の存在そのものが水素水といえよう。効き目がすごい。

◎現実とフィクションの間
 「めぐりズム」のCMで、忙しい生活の中で本人が自宅で使うという設定で、商品を目に置きリラックスする嵐・櫻井翔。その時着ている服のダサいこと。Vネックのニットのインナーに、あの詰まりのTシャツの合わせはナシだろう。

 「私服がダサい」ということが非ファンの人間にも広く知られている櫻井。その辺のリアルを狙ってということなら、なかなかだが。ジュリーにそんな粋なことができるか? 単なる不覚だな、きっと。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク