石川敏男の芸能デスクレポート

「成人の犯罪は、親に責任があるのか」高畑裕太容疑者逮捕を取り上げるマスコミへの疑問点

160825takamare.jpg
高畑裕太インスタグラムより

 宿泊先のホテル従業員を、無理やり部屋に引っ張り込んで強姦し、ケガを負わせたとして、俳優・高畑裕太容疑者(22)が逮捕された。その事件を受け、母親で女優の高畑淳子(61)が謝罪会見を開いたが、その内容は、なんとも疑問が残るものだった。

 まず疑問だったのが、「息子さんの芸能界復帰は?」というマスコミの質問だ。淳子は、「してはいけないことだと思います」と答えたが、被害者がいるという事実を考えれば、復帰なんてあってはならないのは当然であり、その質問自体がおかしい。トラウマを抱えた女性がいるのに、何が“復帰”なのか。あるとすれば、芸能界の裏方、テレビに顔が写らない場所だけだろう。

 また、淳子の“贖罪”発言も引っかかりを覚えた。今後の仕事について「私が舞台に立ってはいけないのではとおうかがいを立てました。東宝の方が『高畑さんは立たなきゃいけない。1万人の方が切符を買っているんです』と。この状態でお芝居をやるのは自信ないですが、舞台に立って、今年いっぱい地方の方にも舞台をお見せするのが、私の贖罪と思っています」とのこと。この事件にショックを受けているのはわかるが、舞台に立つことが“贖罪”なのだろうか。「犠牲や代償を捧げて罪をあがなうこと」という意味を考えると、言葉を間違えている気がしてしまう。

 そして、この会見で最もおかしいと感じたのが、「性欲が強いとか、性的嗜好がおかしいということはあったか?」というテレビキャスターの質問だ。ネット上で「失礼な質問」と大騒ぎになり、キャスターが謝罪する事態となった。性欲が強くとも、一般的ではない性的嗜好があっても、それ自体は犯罪に結びつかない。世の中にはいろいろな性癖を持った人もいるだろうが、その人たち全てが事件を起こしているわけではないのである。だからこそ、このキャスターの質問はかなりの筋違いだと感じた。

 テレビでは盛んに、「成人の犯罪は、親に責任があるのか」というアンケートも実施しているが、これも無駄なのではないだろうか。対象は芸能人ではないし、まして「自分の子どもが犯罪者でない人」にアンケートを取っても意味がない。親の責任問題は、当事者になって初めて感じることであり、当然個人差もある。また、被害者の有無でも、アンケートの答えは変わってくるはずだ。こうしたマスコミの取り上げ方には、多くの視聴者も違和感を抱いたのではないだろうか。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

復帰できるなんて誰1人思ってもいない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー