仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

春風亭昇太は、“結婚していない”を武器にする落語家――『笑点』で見せた「ナメられ力」

syunputeisyota_syoten250.jpg
春風亭昇太オフィシャルサイトより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「結婚なんかするからだよ」春風亭昇太
『笑点』(日本テレビ系、7月31日)

 故・渡辺淳一がたいていのことでへこたれない鈍感な力について述べた『鈍感力』(集英社)で100万部を売り上げたのが、2007年。現代はそれにプラスして、「ナメられ力」が求められているのではないかと思う。

 『笑点』(日本テレビ系)の桂歌丸が、大喜利司会を引退すると発表した時、たいていの人が予想した後継者は、三游亭円楽だろう。しかし、ふたを開けてみれば、新司会は大喜利の最年少メンバー・春風亭昇太で、昇太を推薦したのは、誰であろう歌丸本人であったらしい。

 「週刊ポスト」(小学館)の取材を受けた歌丸は、昇太を推薦した理由をとして「若さ」を挙げた。若い視聴者を呼び込むための判断だろうが、同番組のプロデューサーは起用の理由を「消去法」となんともナメた理由で説明した。ここで「ナメやがって、なにくそ」と奮起するのが従来の男性だろうが、昇太は「気が楽になった」と気にしている様子は感じられない。

 昇太は大喜利メンバーにもナメられている。番組の途中に、メンバー同士が無駄話をはじめ、座布団を投げるという行動に出るが、昇太はそういった暴挙を本気で嫌がっているようには感じられない。「自由に話さない!」「みんな、ちゃんとしてよ!」とも叫ぶが、あまり深刻に捉えているふしもないのだ。7月31日放送の回では、「昇太が司会の座を追われる」というオチで番組が終わるが、ナメられキャラで押し通すことは、番組全体のコンセンサスのようである。

 昇太の最大のナメられネタは、「独身主義者」なことである。大喜利が「ちっとも面白くない」といわれ、最大ネタは「嫁が女優の国分佐智子」である林家三平が新メンバーに加入したのも、昇太と正反対であるがゆえに、イジりやすいからだろう。

 大喜利の最中、三平が「嫁と姑がケンカをしている時は、黙ってる」と、母・海老名香葉子と妻・国分佐智子の対立を思わせるネタを披露すると、昇太は「結婚なんかするからだよ!」「家庭の話を持ちこむな!」と叫び、場内に爆笑が起こった。なぜここが笑うところなのかわからないが、円楽の「もしかして、おひとりさまですか?」の発言で、さらに会場が沸いたことを考えると中高年の観客にとって、独身は見下してもいい、つまり、ナメてもいい人物に映っているということだろう。

「もし〇歳まで独身だったら~」を心の支えにすべからず

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー