仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

ASKAブログ、薬物芸能人として致命的な“上から目線”――許してもらうべき人物は誰なのか?

aska_0728_2.jpg
『12』/ユニバーサル・シグマ

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「ゆるしてあげましょうよ」ASKA
(「ASKA_burnishstone’s diary」7月27日)

 罪を犯し、法的な制裁を受けた芸能人が、芸能界に復帰するためには、「十分反省している」と世間に思わせることが必要になるが、そういう意味でいうのなら、覚せい剤取締法違反で執行猶予中のASKAのブログ開設はマイナスに働くのではないだろうか。

 ASKA自身の言葉で近況や薬物事件の顛末を知ることができるのだから、ファンにとってブログの開設は願ってもないことだろう。しかし、ASKAの復帰に反対はしないが、賛成でもない、私のような究極の第三者にとって、このブログの印象は、
1.覚せい剤はメンタルを破壊する可能性がある
2.本当に反省しているか疑わしい
の2点である。

 ASKAはある集団による盗聴・盗撮被害を周囲に訴えたことで、覚せい剤の後遺症であると判断され、入院させられたという。入院中に、ASKAのパソコン、スマホのパスワードは遠隔操作で書き換えられ、盗聴で得たASKAの声をゲームソフトに使用されるなど、いまだ“被害”は続いているとブログにつづっていた。

 もちろん、本当に盗聴・盗撮被害にあっている可能性もあるが、覚せい剤の使用が統合失調症に似た症状を引き起こすことがあることから考えると、復帰を目指すのなら、“今は”書かない方がいいのではないか。

 それよりも、もっと問題に思えるのは「本当に反省しているか疑わしい」点である。各週刊誌は、ASKAの“薬物使用量の多さ”について書きたてたが、ASKAはブログで、これらが誤りであると説明し、「1ヶ月に(使用する覚せい剤の量が)3gだった僕は微量も微量だったんです」としている。また、ASKAにクスリを売り、携帯番号も残っているというヤクザの証言を載せた女性週刊誌に対しては、「携帯番号、見せてもらおうじゃないですか」とケンカ腰である。事実とは異なる報道がなされたことに納得いかないのだろうが、覚せい剤は所持しただけで罪を問われるわけで、使用したことにも変わりはない。反論しても無意味なのである。

 7月27日放送の『バイキング』(フジテレビ系)も同様である。サンケイスポーツの記者が「ChageとASKAは不仲で、ライブ後の食事は別」とコメントしたことに対し、ASKAはブログで「C&Aに関しては、無知、無学」と反論した上で「ゆるしてあげましょうよ」と上から目線で度量の広い自分をアピールして見せたが、執行猶予中の今、自分が社会に「許してもらう」立場であることを客観視できていないようだ。

ブログ詩人として生きてゆく気?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー