その他
【ジャニーズ研究会レポート】

【ジャニーズざわつきニュース】木村拓哉を「たっくん」呼びした岡田准一、Jr.黄金期のLINEグループメンバーが熱い!

――ベテランから若手まで、日々の活動を通じてさまざまな話題を提供してくれるジャニーズタレントたち。今回は6月上旬にファンが“ざわついた”ネタを、ジャニーズ研究会の独断と偏見でセレクト!

■Hey!Say!JUMP有岡、ロケでファンに遭遇

 お昼の情報バラエティ『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に火曜レギュラーとして出演中のHey!Say!JUMP有岡大貴。5月31日・6月7日放送回は、茨城県水戸市~鹿嶋市を結ぶ大洗鹿島線沿線を巡る「ローカル線ぶらり旅」のロケに参加したが、有岡はこのロケで2度もファンに遭遇するという奇跡に恵まれた。この企画は、途中下車をして次の列車が来るまでにご当地グルメか名物スポットを探すというもの。31日の放送では、茨城県の鹿島大野駅に到着すると、声を掛けた女子高生の1人が「有岡さん、めっちゃ大好きです」と、感激。「ヤバイです。もう死にそう……」と震え声の彼女に、有岡自身も驚いている様子だった。

 そして、7日のオンエアーでは鉾田市の「メロンの森」という観光施設を目指した一行。電話を掛けて「有岡ですけど」と名乗った上で「テレビの取材」だと伝え、オリエンタルラジオ・中田敦彦が「日本テレビの『ヒルナンデス!』という番組で……」と言いかけたところ、電話口の女性からは「有岡大貴さんですか? ファンです!」と、まさかのリアクションが。思わぬ展開に、有岡は再び「え、ファンですか?」とビックリ。現地に到着すると、有岡の母親世代の女性が「あぁ~大ちゃん! 大好きです! コンサート見に行ってます」と、興奮状態で駆け寄り、有岡と握手。世代の違うファンと出会った有岡は、スタジオで「大洗鹿島線は、ちょっと“有岡メジャー線”でしたね」とうれしそうにコメントしており、ファンも「今回のローカル線、有岡くんファン多かったな」「『ヒルナンデス』ロケで2回もファンに会えてよかったね。『ファン』っていわれて喜んでる有岡くんみるとうれしくなる」など、“有岡フィーバー”に沸いていた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー