「ペットはアクセサリーじゃない」の猛批判

佐藤江梨子、中村アン、水沢アリー、中川翔子……ペットめぐる問題行動で炎上したタレントたち

nakamuraandog.jpg
中村アンオフィシャルブログより

 今から10年以上前の佐藤江梨子のインタビュー記事が、ネット上で大炎上している。佐藤は、2005年に「CANE Style」(ニューズ出版)に掲載されたペットに関するインタビューで、「私も以前マメ柴を飼っていたんですよ。でも、そのコ、マメ柴じゃなくなっちゃったんです(笑)」などと語り、知人に譲ったことを明かしているが、同インタビューが転載されたMSNのページ画像がネット上で拡散。ネットユーザーから「飼い主の資格なし!」と批判が噴出しているのだ。

 佐藤が登場する該当ページはすでに削除されているものの、Webアーカイブ上では前出の発言を今も確認できる。ほかに梨花や山本梓がそれぞれペットと登場しているが、佐藤は「モデル犬」と登場したようだ。

「10年以上前のインタビューではあるものの、ネット上では佐藤に対して『最低の行為!』『最後まで責任を持って飼うのは当然の義務』といった批判が巻き起こっています。芸能人とペットをめぐる炎上は珍しいものではなく、昨年は中村アンが出演したバラエティ『世界HOTジャーナル』(フジテレビ系)で、飼い犬について『正直、嫌いですもん』と発言。さらに、自撮り写真を撮るためだけに飼っていると、視聴者に受け取られかねない発言したことで、大炎上しました」(芸能記者)

 水沢アリーも、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で紹介したエピソードが問題視された。

「2カ月ほど前に飼い始めた白文鳥が、花壇の水やり中に『どっか行っちゃった!』と笑いながら話したことで、『まったく笑えない』『愛着がないのか』などと批判を浴びました」(同)

 さらに14年には、中川翔子が愛猫を「虐待しているのでは?」と騒動に発展したこともった。

「中川が2匹の飼い猫の顔を、丸呑みするようにくわえている動画がネット上に拡散され、猛バッシングが起こりました。猫は体を激しく動かしたり唸り声を上げたりと、明らかに苦しそうな様子で、『ペット愛好家でなくとも眉をひそめてしまう』との声も。中川の存在を知らない海外の人からも批判が噴出するなど、大変な騒動になりました」(同)

 ペットたちが被害者となるこうした炎上が、今後一切なくなることに期待したい。

しっかり愛してあげてよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー