【エロメン☆タイム】一徹と“仲直りセックス”でイキまくり→プロポーズという神展開

 一徹演じるサラリーマンの恭平と彼女・沙希の恋物語が描かれている『一徹×アキノリ Re:逢いたい』。前編でケンカ別れしてしまった2人が数カ月ぶりの再会を果たし、後編ではついにラブシーンに突入!!

 壁ドン&顎クイの後、沙希に何度も激しいキスをする恭平。ベッドに沙希を連れていき、そこでもキス。沙希のブラジャーを外し乳首を舐めつつ、またもやキスの嵐です。「沙希……会いたかった」「私も」。お互い素直になれなかった2人ですが、本当はまだ愛し合っていたんですね。

 愛を確認し合った2人の勢いは増すばかりで、恭平は沙希の背中を舐めたり、お尻をわし掴みにしたりなで回したり、数カ月間触れられなかった沙希の体をじっくり責めます。沙希が恭平にお尻を向けた状態でパンツを脱がされ、クンニも開始。この時も手を繋いだままなのが、2人の愛の深さを物語っています。

 沙希のワキを舐め、「久しぶりの匂い」とつぶやく恭平。好きな人の匂いって、なんだか安心感がありますよね~。

 そして今度は沙希が恭平を責める番。恭平の乳首を舐めながらパンツ越しにアソコを撫でた後、アソコの匂いを嗅ぎながら「やらしい匂いがする」と一言。この2人は匂いフェチなんでしょうか?

 恭平のパンツを脱がせ、手コキ&フェラをする沙希。「んん……」と愛おしそうに愛撫します。恭平もとっても気持ちよさそうです。

 沙希からの愛撫を味わった恭平は、「もう入れてもいい?」と挿入の体勢に。まずは正常位でゆっくりと動きます。「すごい久しぶり……」と、数カ月ぶりのセックスに感動を覚えているようであった沙希ですが、恭平のピストン運動が早くなるにつれ、喘ぎ声がどんどん大きくなっていきます。

 「沙希、沙希……」「好き」と囁き合いながら合体する2人。その間も手を強く握り合うなど、いろんな形でお互いの愛を表現することも忘れません。

 座位からの寝バックでも、手を繋いだままの2人。沙希が「イク、イク、イク、イク」と大声を出しながらイク場面も! たっぷり感じ合った後、正常位で終了。

 このままイチャイチャしながらゆっくり眠りたいところですが、恭平は転勤先の福岡に帰らなければなりません。切ないエンディングを迎えようとしたその時、恭平が指輪を差し出し「結婚しよう」とプロポーズ!! 晴れて、恭平が転勤から戻る予定の1年後に2人は結婚することになりました。離れ離れになったことでお互いの大切さがわかった2人は、これからきっとうまくいくでしょう。

 ケンカ別れからの冷却期間、その後の仲直りセックスといった、カップルなら一度は経験しているであろうストーリーに共感できそうなこの作品。一徹ファンはもちろん、遠距離恋愛中の人にもオススメです!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク