【エロメン☆タイム】一徹と“仲直りセックス”でイキまくり→プロポーズという神展開

 一徹演じるサラリーマンの恭平と彼女・沙希の恋物語が描かれている『一徹×アキノリ Re:逢いたい』。前編でケンカ別れしてしまった2人が数カ月ぶりの再会を果たし、後編ではついにラブシーンに突入!!

 壁ドン&顎クイの後、沙希に何度も激しいキスをする恭平。ベッドに沙希を連れていき、そこでもキス。沙希のブラジャーを外し乳首を舐めつつ、またもやキスの嵐です。「沙希……会いたかった」「私も」。お互い素直になれなかった2人ですが、本当はまだ愛し合っていたんですね。

 愛を確認し合った2人の勢いは増すばかりで、恭平は沙希の背中を舐めたり、お尻をわし掴みにしたりなで回したり、数カ月間触れられなかった沙希の体をじっくり責めます。沙希が恭平にお尻を向けた状態でパンツを脱がされ、クンニも開始。この時も手を繋いだままなのが、2人の愛の深さを物語っています。

 沙希のワキを舐め、「久しぶりの匂い」とつぶやく恭平。好きな人の匂いって、なんだか安心感がありますよね~。

 そして今度は沙希が恭平を責める番。恭平の乳首を舐めながらパンツ越しにアソコを撫でた後、アソコの匂いを嗅ぎながら「やらしい匂いがする」と一言。この2人は匂いフェチなんでしょうか?

 恭平のパンツを脱がせ、手コキ&フェラをする沙希。「んん……」と愛おしそうに愛撫します。恭平もとっても気持ちよさそうです。

 沙希からの愛撫を味わった恭平は、「もう入れてもいい?」と挿入の体勢に。まずは正常位でゆっくりと動きます。「すごい久しぶり……」と、数カ月ぶりのセックスに感動を覚えているようであった沙希ですが、恭平のピストン運動が早くなるにつれ、喘ぎ声がどんどん大きくなっていきます。

 「沙希、沙希……」「好き」と囁き合いながら合体する2人。その間も手を強く握り合うなど、いろんな形でお互いの愛を表現することも忘れません。

 座位からの寝バックでも、手を繋いだままの2人。沙希が「イク、イク、イク、イク」と大声を出しながらイク場面も! たっぷり感じ合った後、正常位で終了。

 このままイチャイチャしながらゆっくり眠りたいところですが、恭平は転勤先の福岡に帰らなければなりません。切ないエンディングを迎えようとしたその時、恭平が指輪を差し出し「結婚しよう」とプロポーズ!! 晴れて、恭平が転勤から戻る予定の1年後に2人は結婚することになりました。離れ離れになったことでお互いの大切さがわかった2人は、これからきっとうまくいくでしょう。

 ケンカ別れからの冷却期間、その後の仲直りセックスといった、カップルなら一度は経験しているであろうストーリーに共感できそうなこの作品。一徹ファンはもちろん、遠距離恋愛中の人にもオススメです!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー