[韓ドラ沼の彼岸から]

不倫もセフレもありの韓国版SATC『ロマンスが必要』、でも“おこちゃま感”が拭えない!

romance-dvd.jpg
『ロマンスが必要』/エスピーオー

――日本のドラマよりハチャメチャな韓ドラが好き♪ 韓流ドラマの沼に落ちた女2人が、好き放題にドラマ&俳優を語る! 

☆T子……冬ソナブームに乗り、韓流沼に足を踏み入れた独身アラフォー。最近の衝撃的できごとは、BIGBANGのファンミーティングに、T.O.Pが出演しないと発表されたこと。せかっくとったチケットの譲り先を探し中。

★A美……K­POPを入り口に韓流にはまり、ドラマもつまみぐいするアラサー。K­POPアイドルのリリイベに参加し、アイドルと恋人つなぎをしながら密着写メを撮るのが今年の目標。でもまだ羞恥心を捨てきれず実現できていない。

A美 せんぱ~い! 年明けから続いていた不倫騒動どう思います?

T子 いやー、乙武さんまで不倫ネタがくるとは思わなかったわよね。……ってまさかA美ちゃん、不倫してるの!?

A美 してるように見えます? 友達ですよー。相手の奥さんにバレて大騒ぎ。結局お別れしたらしいんですけど、彼のことかなり好きだったみたいで、超うつモード。

T子 まぁ、かわいそうだけど、あとでネタにしちゃえばいいのよ。そんな彼女にアドバイスするなら、「とりあえず片眉剃り落とせ」。

A美 え?

T子 いや、この前『ロマンスが必要』を見てたら、ヒロインの友達が「失恋したら眉毛を剃りおとせ」って。

A美 あぁ、『ロマンスが必要』って韓国では珍しいリアルな恋愛を描いた人気シリーズですよね。って、やっぱりその論理、よくわからないです!

T子 全剃りすると眉毛が気になって、ほかのことはどうでもよくなるらしいわ。第1シリーズでアレックスが言ってたじゃないの。覚えてないの?

A美 『ロマンスが必要』といえば、ヒロインの友達が訴えられた姦通罪の存在にびっくりしました。

T子 いつの時代? って感じよね。でも去年の2月に撤廃されたのよ。立証するのが大変だったらしいわ。不倫現場を押さえたり、使用済コンドームを提出したり……。

A美 うわぁ……証拠探ししてるうちにバカバカしくなっちゃいそう。

T子 でしょ? ちなみに廃止当時、コンドームの製造会社の株が上がったって(笑)。「人がすれば不倫、自分がすればロマンス」って言葉も、はやったらしいわ。

A美 障害がある恋ほど燃えるとも言いますしね、まさにロマンス! ちなみに先輩は、このシリーズどれが好きでした?

T子 2のイ・ジヌクも捨てがたいんだけど、やっぱり3! 邦題で『抱きしめたい~ロマンスが必要~』。

A美 年下男子に一途に愛されるやつですね。赤裸々な恋愛を描いた1、2とはちょっと違うタイプ。

T子 年下男を演じたソンジュンがいいのよ~! 187cmあるだけあって、バックハグもバッチリ決まる身長差、最高!

A美 『魔女の恋愛』じゃないですけど、やっぱりこれも大人のファンタジーですよね。

タラレバ娘以外のリアリティを描ける人、早く~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー