芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

2016ototakebook.jpg
『子どもたちの未来を考えてみた』(PHP研究所)

 24日発売の「週刊新潮」(新潮社)に、20代美女との不倫関係を報じられた乙武洋匡氏。その後更新された自身のサイト上では、妻の仁美さんから許しを得られたと報告して「妻や妻のご両親、3人の子どもたちに心より謝罪し、またこれまでの仕事や活動のなかでお世話になっているみなさまに深くお詫び致します」と謝罪した。

 しかし、現在ネット上では仁美さんが「妻である私にも責任の一端があると感じております」とコメントしていることに、疑問の声が噴出。参院選出馬が内定したこの時期だけに、家族関係の修復は主張すべき点だったかもしれないが、夫婦揃っての謝罪はプラス効果とはならなかったようだ。

 仁美さんは「今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」として、「本人はもちろん、私も深く反省しております」と反省の弁を述べている。

「有名人が不祥事を起こした際、妻や家族が揃って謝罪というのは、政治家にこそ見られるものの、芸能界ではあまり見ないケースです」(スポーツ紙記者)

 「新潮」発売当日の各情報番組でも、乙武氏の不倫問題について言及。『白熱ライブ ビビット』(TBS系)では、MCの真矢ミキが「奥さんがちゃんとお尻を拭くのって多いですね」と、仁美さんの謝罪対応を擁護。一方で『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、加藤浩次が「奥さんは反省する必要はないですよ。旦那さんが一番悪いんだから」と、乙武氏本人への批判を展開していた。

 そしてネット上では、乙武氏の不倫に対して「心から軽蔑した」「開き直ってる感じで不快」「本を買ったお金を返してほしい」と、批判的なコメントが多数を占めている。また、仁美さんの謝罪に関しても、一部では「良妻」と称賛する声もあるが、「なぜ被害者である妻にまで謝らせるのか」「妻に不倫の尻拭いをさせるな」「男として最低」など、仁美さんを矢面に立たせた乙武氏への不信感を露わにする声も少なくない。

「乙武氏は政治家転身のため、いくつかの仕事を降板した直後だけに、出馬取り消しとなればそれこそ致命的。そのためにも、良妻に支えられ続けている部分はアピールしたかったところかもしれませんが、妻とともに頭を下げるというのは少々前時代的だったのでは。ネットユーザーには、選挙前のパフォーマンスと映ったようで、乙武氏はさらに印象を悪くしてしまいました」(同)

 すぐさま過ちを認め、世間に対して謝罪した乙武夫婦の姿勢は、少しでも信頼回復につながるのだろうか?

『子どもたちの未来を考えてみた』 奥さんの謝罪文、若干「自分へのうっとり感」が漏れてない!? amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!