仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

「恋愛を成長につなげる」藤原紀香の“LOVE理論”が小っ恥ずかしく感じるワケ

hujiwaranorika04.jpg
紀香のLOVE説法が始まるよ~

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「恋することって人を成長させてくれる」藤原紀香
『ノンストップ!』(フジテレビ系、3月17日)

 耳当たりがよく、頻繁に聞くけれど、よく考えると意味のわからない言葉がある。例えば、「他人の痛みがわかる」という表現。かつて離婚直後の西川史子が『ノンストップ!』(フジテレビ系)をはじめとした番組で「離婚をして、他人の痛みがわかるようになった」と発言していた。西川はそれまで「失敗する人は、努力が足りないから」と思っていたが、離婚によって、努力してもどうにもならないことがあることを知ったそうだ。一見正論なようだが、西川がわかったのは“他人の痛み”ではなく、“離婚の痛み”であり、それはつきつめていけば“(離婚をして傷ついた)自分の痛み”ではないだろうか。

 またテレビは、現代の若者の精神的な“甘さ”を指摘したいがため、仕事が続かない若者にインタビューすることがあるが、その際彼らの答えで多いのが、「人の役に立つ仕事がしたい」「自分が成長できる仕事がしたい」だ。そう思っているのなら、ぜひ若い力を社会に役立ててほしいものだが、それでも彼らはなぜか仕事が続かないようだ。

 「他人の痛みがわかる」「人の役に立ちたい」「自分を成長させてくれる」――。崇高すぎて、嘘くさささえ漂うこれら全てのキーワードを、1人で持っている芸能人がいた。藤原紀香である。17日放送の『ノンストップ!』に出演し紀香は、自分の“LOVE理論”を語った。紀香は最近の若者を「恋愛面倒くさい症候群」とダサいネーミングでくくり、恋愛を勧めた。その理由は、恋愛をすることによって痛みを経験することは多いが、「受けた痛みの分だけ人に優しくしようって思うから」であり、それが結果的に「人を成長させてくれる」のだという。最後には「男女問わず、献身的な愛を注げる人になりたい」と結んでいた。

 これもまた一見、正しそうではあるが、よく考えると変な理屈である。恋愛はしんどいものであり、つらいときに友達をはじめとした他人に助けてもらうことは、よくあることである。ダメージが大きいほど、時に相手に迷惑をかけてしまうわけだが、その代わり、相手がピンチのときに、こちらがサポートすれば貸し借りはゼロになる。

 しかし紀香の「受けた痛みの分だけ人に優しくしようって思うから」には、誰かに助けてもらったという気持ちは感じられない。そこにあるのは「自分がつらいのにもかかわらず、他人に優しくしてあげる私」という“上から目線”と“自分へのうっとり感”である。

紀香は永遠の「ミス結婚間近」……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  9. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  19. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー