フジが一矢報いるか?

堀北真希、やっぱり“低視聴率女優”!? 『ヒガンバナ』1ケタ陥落で“常勝・日テレ”崩壊か

higannbana_160311.jpg
『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』(日本テレビ系)公式サイトより

 堀北真希にとって結婚後、初のドラマ出演となった『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』(日本テレビ系/水曜午後10時~)が絶体絶命の危機に瀕している。

 同ドラマは、初回11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずのスタートを切った。以降、第2話が10.6%、第3話が11.2%、第4話が10.4%、第5話が10.0%と5話連続で2ケタ台をキープしていた。ところが、ワンパターンな内容が飽きられてしまったのか、第6話で8.7%と初の1ケタ台に転落すると、第7話では自己ワーストの8.1%、第8話は9.6%と推移。直近の第9話は8.2%の低視聴率に終わり、4週連続1ケタ台。気がつけば、平均視聴率は9.8%と2ケタを割ってしまったのだ。

 堀北はヒロインを務めたNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』(2012年度前期)が、平均視聴率20.7%を記録するヒットとなり、国民的女優に成長。その後、主演した連ドラ『ミス・パイロット』(フジテレビ系/13年10月期)は平均11.7%と2ケタ超え。だが、15年1月期の『まっしろ』(TBS系)はナース服姿を披露したにもかかわらず、平均5.8%と爆死しただけに、『ヒガンバナ』では、なんとしても“結果”がほしいところだった。3月16日放送の最終回の視聴率次第では、平均視聴率が1ケタ台に終わってしまいかねない。

 それだけではなく、裏のフジテレビ系『フラジャイル』(TOKIO・長瀬智也主演)に負ける恐れも出てきた。『ヒガンバナ』と同日スタートの『フラジャイル』には、当初5週連続で勝利していたが、第6話で初めて敗れると、その後視聴率が上回ったのは第8話だけ。現在までの『フラジャイル』の平均視聴率は9.68%で、わずか0.12ポイント差に肉薄されてしまった。第9話では『フラジャイル』が『ヒガンバナ』を2.4ポイントも上回ったことを考えると、最終回の結果次第では、『ヒガンバナ』は全話平均視聴率で敗れてしまうことになる。

 日テレとフジの「水10」ドラマ対決は、14年1月期から日テレの8連勝中。その間、日テレの「水曜ドラマ」は『花咲舞が黙ってない』(杏主演/14年4月期、15年7月期)、『きょうは会社休みます。』(綾瀬はるか主演/14年10月期)、『◯◯妻』(柴咲コウ主演/15年1月期)など数々のヒットを飛ばし、フジのドラマを凌駕してきた。フジは今期をもって、「水10」ドラマ枠を廃止するというが、『ヒガンバナ』が『フラジャイル』に敗れると、9期ぶりの日テレの敗退となる。また、日テレの同枠での平均視聴率1ケタ台は、13年10月期の『ダンダリン 労働基準監督官』(竹内結子主演)の平均7.5%以来の屈辱となってしまうのだ。

 堀北としては、『まっしろ』のリベンジを果たすためにも、なんとか平均視聴率を2ケタ台に乗せ、『フラジャイル』に勝って終わりたいところだが、果たしてその結末やいかに。
(森田英雄)

堀北真希の大人になりそびれた感がきついのよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー