セックス中に体に付く「唾液・愛液」が不快な人へ

 激しいキスをした時って、口元が相手や自分の唾液でべちょべちょになりますよね。また、手マンをされた時に相手の指が自分の愛液まみれになっていたり、ちんちんをこすった時に我慢汁が指に付いたり。

 そんなふうに唾液や愛液が付いたままの手や口で、相手に触れたりキスするのをためらったり、また相手がそうなっていた場合に「その手や口で触れられたくない」と感じたことはありませんか?

 私は手マン後にベタベタになった手でその他のパーツを触れられ、ヒヤッとする感覚があると「うっ、私のまん汁だ……」と少しだけ嫌悪感を抱いてしまいます。自分の体から出たものなんですが、どうしてもそう感じてしまうんです。そして、自分の口元が自分もしくは相手の唾液でべちょべちょなのを自覚している時は「このままキスして『私のよだれが臭い』と思われたらどうしよう」と戸惑うことも。

 かといって、唾液や愛液がない状態でセックスしたら、ローションなどを使わない限りは挿入が困難になったり、痛みを感じたり、濡れた状態だからこそ気持ちいい愛撫が味わえないワケです。ということは、これらはセックスにおいてあると嬉しいものでもあります。でも、できるだけ体液全般が相手の体や自分の体に付着することは避けたいのも私の本音。お風呂でセックスすれば、すぐに洗い流せるので唾液や体液の処理に悩むこともありませんが、毎回お風呂でセックスするという人はそんなに多くないでしょう。

 こういう時って、どうするのが正解なんでしょうね。「ベッドサイドにウェットティッシュを用意しておいて愛撫やキスの後に拭く」という方法をとれば、その後の嫌悪感や戸惑いからは解放されます。さらに、唾液は乾くと異臭を発生することがありますから、早めに拭いてキレイにしておけば事後に異臭に包まれることもなくなります。

 ただ、お互いが「唾液や愛液をすぐに拭き取って清潔を保ちたい派」なら堂々と拭きまくればいいでしょうが、そうでない場合だと「拭き取らなくてもOK派」が相手が唾液や愛液を拭き取っている様子を見て、「私の唾液を汚いと思っているのか……」と傷つくかもしれません。そもそも、その都度拭き取るということはいちいちセックスが中断されるワケで、ムードが壊れる可能性大です。

 個人的な理想は、「お互い気づかないように、さりげなくシーツなどで拭き取る」という方法です。これなら、相手の拭き取りシーンを目撃して「まん汁拭き取られた……汚いモノ扱いだ……」とショックを受けることもなく、まん汁付きの手で触られて「おいーーー! まん汁付いたんですけどーーー!」と心の中で絶叫することもありません。シーツが犠牲になりますが、セックス後に洗濯すれば問題なし!

 とはいえ、相手が「唾液や愛液を一切汚いと思わない派」であったとしたら、こちらが気づかれないようにシーツで拭き取っていても、相手の手や口についた唾液や愛液からは逃れられません。唾液や愛液が感染病の原因などにならない以上は、拭き取ることを強制するのも難しいですしね。セックスの相性は「気持ちいいかどうか」で語られることが多いですが、唾液や愛液に対する衛生観念が合うかどうかも重要かもしれません。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク