セックス中に体に付く「唾液・愛液」が不快な人へ

 激しいキスをした時って、口元が相手や自分の唾液でべちょべちょになりますよね。また、手マンをされた時に相手の指が自分の愛液まみれになっていたり、ちんちんをこすった時に我慢汁が指に付いたり。

 そんなふうに唾液や愛液が付いたままの手や口で、相手に触れたりキスするのをためらったり、また相手がそうなっていた場合に「その手や口で触れられたくない」と感じたことはありませんか?

 私は手マン後にベタベタになった手でその他のパーツを触れられ、ヒヤッとする感覚があると「うっ、私のまん汁だ……」と少しだけ嫌悪感を抱いてしまいます。自分の体から出たものなんですが、どうしてもそう感じてしまうんです。そして、自分の口元が自分もしくは相手の唾液でべちょべちょなのを自覚している時は「このままキスして『私のよだれが臭い』と思われたらどうしよう」と戸惑うことも。

 かといって、唾液や愛液がない状態でセックスしたら、ローションなどを使わない限りは挿入が困難になったり、痛みを感じたり、濡れた状態だからこそ気持ちいい愛撫が味わえないワケです。ということは、これらはセックスにおいてあると嬉しいものでもあります。でも、できるだけ体液全般が相手の体や自分の体に付着することは避けたいのも私の本音。お風呂でセックスすれば、すぐに洗い流せるので唾液や体液の処理に悩むこともありませんが、毎回お風呂でセックスするという人はそんなに多くないでしょう。

 こういう時って、どうするのが正解なんでしょうね。「ベッドサイドにウェットティッシュを用意しておいて愛撫やキスの後に拭く」という方法をとれば、その後の嫌悪感や戸惑いからは解放されます。さらに、唾液は乾くと異臭を発生することがありますから、早めに拭いてキレイにしておけば事後に異臭に包まれることもなくなります。

 ただ、お互いが「唾液や愛液をすぐに拭き取って清潔を保ちたい派」なら堂々と拭きまくればいいでしょうが、そうでない場合だと「拭き取らなくてもOK派」が相手が唾液や愛液を拭き取っている様子を見て、「私の唾液を汚いと思っているのか……」と傷つくかもしれません。そもそも、その都度拭き取るということはいちいちセックスが中断されるワケで、ムードが壊れる可能性大です。

 個人的な理想は、「お互い気づかないように、さりげなくシーツなどで拭き取る」という方法です。これなら、相手の拭き取りシーンを目撃して「まん汁拭き取られた……汚いモノ扱いだ……」とショックを受けることもなく、まん汁付きの手で触られて「おいーーー! まん汁付いたんですけどーーー!」と心の中で絶叫することもありません。シーツが犠牲になりますが、セックス後に洗濯すれば問題なし!

 とはいえ、相手が「唾液や愛液を一切汚いと思わない派」であったとしたら、こちらが気づかれないようにシーツで拭き取っていても、相手の手や口についた唾液や愛液からは逃れられません。唾液や愛液が感染病の原因などにならない以上は、拭き取ることを強制するのも難しいですしね。セックスの相性は「気持ちいいかどうか」で語られることが多いですが、唾液や愛液に対する衛生観念が合うかどうかも重要かもしれません。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー