早漏彼氏に、いくら「満足している」と伝えても無駄かもしれない

彼とのセックスに不満はないが、彼は早漏だと気にしてる…私にできることは?

<モモさん>23歳/独身女性

 3年前から付き合っている9歳年上の彼氏について相談です。彼は最近早漏になってきていることで悩んでいるようで、「すぐイッちゃってごめん」と言ってきます。

 私としては、「最近早くなったなあ」とは思っていたのですが、前戯もしっかりやってくれるし、挿入もできているので満足しています。

 彼には「そんなことないよ」「全然気にしないで」と伝えてもまだ気にしてるっぽくて、ゆっくり動いたり挿入時間を短くするなど、彼なりに試行錯誤しています。

 私にも何か協力できることはないでしょうか? 私は何も不満じゃないことはわかってくれているとは思うので、彼自身がもっと遅くなりたいのかなあと思います。だからといって、そこまで遅漏になられても困るんですが……。アドバイスよろしくお願いします。

---------------------------------------

 モモさんが彼とのセックスに満足している一方で、彼は早漏気味なことを気にしている状況って、実際モモさんにとっては全く不都合がありませんよね。それでも、「私にも何か協力できることはないでしょうか?」だなんて……彼への愛情に溢れていますね! メールを拝読して、ほっこりとした気分になりました。

 本題についてですが、モモさんもお気づきのように、彼は「早漏だとモモさんが満足しないかも」と考えているというよりも、彼自身がもっとイクまでの時間を長く保ちたいという部分が大きいのだと思います。

 「彼氏は『そのままの体型でいいよ』と言っているにも関わらず『ダイエットしなきゃ』が口癖の彼女」と似たようなもので、パートナーのためではなく、自分の納得のいく結果を目指しているのではないかと。モモさんは、たまにでいいので「いまのままでも自分は満足している」と彼に伝え続け、彼が早漏改善に励む姿を暖かく見守っているだけでいいと思います。あとは、少しでも挿入時間を長く保てた際に「今日はいつも以上に長く楽しめたね♡」などと言ってあげれば、彼は「自分の求めているものに近づけている」と感じ、2人のほっこりムードが高まるんじゃないでしょうか。

 また、彼が早漏改善に努めた結果、遅漏になってしまわないか心配しているようですが、まずは彼が現在目指している理想の挿入時間を聞いてみましょう。それが思った以上に長かった場合は「自分は○分くらいが限界で、それ以上長くなると楽しめなくなるかも」と伝えておくのもいいかもしれません。そうすれば、彼はモモさんが困るほどの長時間挿入を目指すことはないんじゃないでしょうか。とはいえ、人間の体っていつどう変化するかわからないものなので、彼の努力関係なくイクまでの時間が変化する可能性もありますが……。

 ただ、モモさんの彼のようなタイプが重度の遅漏になったとしたら、今度は「なかなかイケなくてごめん」と早くイクための努力をしそうな気もします! そうなったらまた優しく見守ってあげればいいと思います。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!