SMAP脱退待ったなし!? 『金スマ』タイトル変更で叫ばれる中居正広の「思惑」と真相

nakai0120.jpg

 SMAPの中居正広が司会を務める『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)が10日、突然「タイトル変更」をした。

 番組公式サイトでは旧タイトルのままだが、TBSのサイトの一部などでは『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』とタイトルが変更されており、ネットは騒然となった。

「解散・分裂騒動」で世間を大騒ぎさせたSMAPのリーダーに、不倫騒動で大バッシングを食らったベッキーがメインで出演していた同番組。タイトル変更にベッキーの騒動が絡んでいる可能性も否定はできないが、やはりメインMCである中居に原因を求めるのが自然だろう。

 チーフマネジャーである飯島三智氏の“クーデター”に端を発するSMAPの解散騒動だが、中居は飯島の意思に従い、いうなればその中心として活動していた。結果、木村拓哉の残留決意などで独立計画は失敗。計画に積極的だった中居はジャニーズ事務所としても反旗をひるがえした存在として扱われるに違いない。

 しかし、中居自身は飲食店で今回の騒動の結末に「納得いかない」を連呼し、副社長であるメリー喜多川をバカにするような発言を連発。「フライデー」(講談社)がその飲食店に潜伏していることをわかっての言動だそうで、開き直っているという見方もされている。

 すでにジャニーズに“見切り”をつけたよう行動をした中居だが、『金スマ』もその一つということか。『金スマ』の「スマ」は間違いなく「SMAP」だったはずだが、それを「スマイル」に変えたということは、仮にSMAPじゃなくなったとしても問題ないようにという措置なのか……。

 ただ、中居の一存で番組タイトルを変えるような“私物化”的な行為ができるのかは、はなはだ疑問だ。一部では、同局の不倫ドラマ『金曜日の妻たちへ』のパロディタイトルの番組で、レギュラーだったベッキーが本当に不倫をしてしまったことが原因なのではという声もある。

「ここ1カ月のSMAP、ベッキーの騒動が原因であることは間違いないでしょうが、もともと『金スマ』はゲストの不幸な日々をお涙頂戴で紹介する番組構成が不評な番組です。その上に、世間の目が集中するビッグニュースを出演者が2つも提供してしまった今、番組の存亡そのものが揺らいでいる状況といえるでしょう。局側としても、そのイメージを刷新し、新たな気持ちでスタートさせるという意味合いもあるような気がしますね」(芸能記者)

 唐突なタイトル変更に様々な憶測が飛んでいるが、出演者や局の様々な思惑が絡んでいることだけは間違いない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  2. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  3. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  4. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  5. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  6. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  7. アンチ急増中miwaの業界評
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  10. マスコミ騒然となった「GACKTへの質問」
  11. 30代以上のプチプラコスメはアリナシ?
  12. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  13. 不幸が続く山口智充の不運
  14. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  15. のどちんこに勃起するLLサイズの巨根男
  16. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  17. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  18. 幸福の科学“守護霊”の語る言葉
  19. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  20. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  4. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  5. 実力Jr.仲田拡輝、退所か

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  4. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ