川本真琴の親族まで参戦!

狩野英孝、加藤紗里と交際宣言は『ロンハー』のヤラセ!? 「とんだ茶番」とネットは呆れモード

1602_kano01.jpg
『狩野英孝 ファーストライブ Ciel』/ビクターエンタテインメント

 最近ワイドショーを賑わせていた狩野英孝の二股騒動。2月9日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、ついに当事者の狩野が口を開き、二股を完全否定。これで一連の騒動は幕を引いたかに思われたが、翌10日、狩野との交際がうわさされていた川本真琴の親族がテレビの電話取材に答え、狩野の「二股否定」を否定したのだ。

 騒動の発端は、川本のTwitterでのつぶやきだった。有名芸能人と付き合っていることを匂わせ、またその交際相手を横取りしようとしている女性の存在を公言した。すぐに川本の交際相手は狩野だとスクープされたが、すると今度は、私こそが狩野の交際相手だと名乗るモデルの加藤紗里が出現。SNSやメディアで狩野との関係を赤裸々に語り、川本のことをストーカーと非難した。

 そして9日、ついに狩野が『ロンドンハーツ』に加藤とともに出演。二股騒動について「川本とはすでに破局していて、現在は加藤と交際中。両者との交際期間がかぶっていたこともない」ときっぱりと二股を否定。ネット上では、「とんだ茶番」「そんなことより加藤が怖い」「二股でも三股でもいいけど、加藤の性格が超悪そう」といった反応が上がり、騒動は終わったかのように思われた。

 しかし翌日10日、川本の親族が『ノンストップ!』(フジテレビ系)の電話取材に答え、狩野は川本、加藤との交際時期がかぶっていたと主張し、前日の狩野の発言を否定。川本の妹の登場に、ネットユーザーも呆れ果てたのか、「まだやるのか」「川本が恥ずかしいから、終わりにしてやれよ」「もう蒸し返してやるなよ」といった声が噴出している。

「今回、『ロンハー』で交際宣言をした狩野ですが、番組プロデューサーから無理やり付き合っていることにさせられた可能性も浮上しています。かつて狩野は同番組で、当時付き合っていた彼女に5,000人のファンの前で公開プロポーズをするという大掛かりな企画を行いましたが、実は狩野と彼女は破局寸前で、プロデューサーに企画を提案されたからプロポーズに踏み切っただけ……とささやかれていました。今回も同じように、狩野としては別に付き合っているつもりはなかったものの、プロデューサーにそのように仕立てあげられたとも考えられます。結婚生活は結局2年半で終わりを迎えてしまいましたが、加藤との交際はどうなるのでしょうか」(芸能記者)

 狩野が緊急出演した『ロンドンハーツ』の視聴率は、前週の8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から数字を大きく上げ、12.4%を記録し、今年初めて2ケタ台に乗ったという。番組には貢献できた狩野だが、裏で後悔をしていなければいいのだが……。

周りにはやし立てられて、このまま結婚したら最高のコメディ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー