日8対決に進展あり?

『イッテQ!』ベッキー休業にNHK歓喜!? 停滞気味『真田丸』視聴率アップの可能性

itteq_sayounarabekky.jpg
『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)公式サイトより

 視聴率が伸び悩み気味だったNHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)に、思わぬ形でチャンスが到来した。

 同ドラマは、初回(1月10日)19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の視聴率で好発進し、第2話(同17日)は20.1%と、大河ドラマとしては3年ぶりに20%の大台を突破。だが、第3話(同24日)で18.3%と降下すると、第4話(同31日)では自己ワーストの17.8%を記録し、ジリ貧状態となった。

 ところが、ここに来て、風向きが変わった感がある。強力な裏番組である日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』(日曜午後7時58分~)のレギュラーであるベッキーが、ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫騒動の影響で、同30日をもって休業に入ったため、2月7日のオンエア分を最後に番組から消えたからだ。

 1月31日放送の『イッテQ!』の視聴率は、渦中のベッキー見たさもあったのか19.9%まで上昇し、『真田丸』の視聴率下落の一因にもなっていた。2月7日放送分は、ベッキーバブルも落ち着きをみせ、『イッテQ!』は17.4%まで数字を下げたが、一方、同日の『真田丸』第5話は19.0%まで上げて、前週より1.2ポイントアップ。

 『イッテQ!』は常時、高い視聴率をマークしている人気番組。今年に入ってからは、1月10日が17.3%、同17日(2時間SP)は19.3%、同31日は19.9%と好調をキープしていた。ベッキーが当面の間番組から消えることで、番組の雰囲気や構成が変わり、『イッテQ!』の視聴率が下がる可能性は十分。そうなると、それが追い風になって、停滞気味だった『真田丸』が今後、好視聴率を獲るチャンスが出てきたと言えそうだ。
(森田英雄)

ベッキー、どんな状況でも人を笑顔にするね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー