芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

itteq_sayounarabekky.jpg
『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)公式サイトより

 視聴率が伸び悩み気味だったNHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)に、思わぬ形でチャンスが到来した。

 同ドラマは、初回(1月10日)19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の視聴率で好発進し、第2話(同17日)は20.1%と、大河ドラマとしては3年ぶりに20%の大台を突破。だが、第3話(同24日)で18.3%と降下すると、第4話(同31日)では自己ワーストの17.8%を記録し、ジリ貧状態となった。

 ところが、ここに来て、風向きが変わった感がある。強力な裏番組である日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』(日曜午後7時58分~)のレギュラーであるベッキーが、ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫騒動の影響で、同30日をもって休業に入ったため、2月7日のオンエア分を最後に番組から消えたからだ。

 1月31日放送の『イッテQ!』の視聴率は、渦中のベッキー見たさもあったのか19.9%まで上昇し、『真田丸』の視聴率下落の一因にもなっていた。2月7日放送分は、ベッキーバブルも落ち着きをみせ、『イッテQ!』は17.4%まで数字を下げたが、一方、同日の『真田丸』第5話は19.0%まで上げて、前週より1.2ポイントアップ。

 『イッテQ!』は常時、高い視聴率をマークしている人気番組。今年に入ってからは、1月10日が17.3%、同17日(2時間SP)は19.3%、同31日は19.9%と好調をキープしていた。ベッキーが当面の間番組から消えることで、番組の雰囲気や構成が変わり、『イッテQ!』の視聴率が下がる可能性は十分。そうなると、それが追い風になって、停滞気味だった『真田丸』が今後、好視聴率を獲るチャンスが出てきたと言えそうだ。
(森田英雄)

『真田丸 前編(NHK大河ドラマ・ストーリー)』 ベッキー、どんな状況でも人を笑顔にするね~ amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    このカテゴリの最新記事
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!