2016年冬ドラマ初回視聴率

綾瀬はるか“香里奈”超えの大爆死、広末ドラマはフジ最下位! 1月期ドラマ初回ランク

watashiwohanasanaide.jpg
『わたしを離さないで』(TBS系)公式サイトより

 2016年1月期の連続ドラマ(午後8~10時台)が初回放送を迎え、ランキングトップは17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得した、SMAP・草なぎ剛主演『スペシャリスト』(テレビ朝日系)だった。

 1位の『スペシャリスト』は、13年5月にスペシャルドラマが放送され、19.4%を記録。昨年12月までに4作が放送される人気シリーズとなり、連続ドラマに“昇格”した。初回放送日の1月14日には、草なぎが朝から『グッド!モーニング』などのテレビ朝日系情報番組に出演し、番宣を展開。もともと人気の高い作品ではあったものの、奇しくも前日の13日に一部スポーツ紙が“SMAP解散危機”を報じていたこともあり、宣伝効果は抜群だった。

 ジャニーズの後輩でKAT‐TUN・亀梨和也主演の『怪盗 山猫』(日本テレビ系)は初回14.3%を記録し、第2位に。作家・神永学氏の『怪盗探偵山猫』(角川文庫)シリーズが原作で、亀梨は窃盗を繰り返しながらも悪事を暴く天才怪盗「山猫」役。広瀬すずが天才ハッカーの女子高生、山猫と行動を共にする雑誌ライターを成宮寛貴が演じている。

 第3位は有村架純と高良健吾がW主演を務める月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)で、初回は11.6%を獲得。3位に入り込んだものの、初回12.6%だった前クールの石原さとみ主演『5→9~私に恋したお坊さん~』を下回るスタートに。また、初回放送は後番組『SMAP×SMAP』(同)でメンバーが解散騒動に初言及するとあって注目を集めていた時間帯だけに、ネット上では「スマスマ待機もいたのにこの数字じゃ、次回からヤバイのでは」と、今後の視聴率低下が予想されている。

 続いて低視聴率の下位3作品を見ていこう。ワースト3位は初回7.9%だった『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)。奥田英朗氏の同名小説が原作で、親友の2人が“DV夫”を殺害するため完全犯罪を計画するという物語。広末涼子と内田有紀の初共演が話題となったが、残念ながらフジドラマの最下位となってしまった。

 ワースト2位は小泉孝太郎が主演を務める『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京)で、初回は7.0%を記録。濱田岳主演の前クール『釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~』の初回10.8%を超えることはできなかったが、他作品は3%台を記録したこともある不調な枠だけに、健闘といえるだろう。

 そして今期の最下位は、昨年末の『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を務めるなど“国民的女優”とも言われる綾瀬はるか主演の『わたしを離さないで』(TBS系)だった。同ドラマは作家のカズオ・イシグロ氏による同名小説が原作だが、前クールの香里奈主演『結婚式の前日に』の初回7.7%を下回り、6.2%の“大爆死”。初回放送の15日は、裏で放送されたアニメ映画『天空の城ラピュタ』(日本テレビ系)が、17.9%の高視聴率をマークしており、視聴者のドラマへの関心を奪われてしまったようだ。

 また、渦中の草なぎ主演作がロケットスタートを切る一方で、17日にスタートした香取慎吾主演『家族ノカタチ』(TBS系)は、9.3%を記録。前クールの阿部寛主演『下町ロケット』は初回16.1%、最終回は22.3%にまでアップする大ヒット作となったが、今期は遠く及ばず。草なぎ、香取の主演作は明暗を分ける結果となってしまったものの、最終話に向けてどんな数字を辿るのか、注目したい。

【2016年冬ドラマ(午後8~10時台、民放5局)初回視聴率一覧】

1位『スペシャリスト』(テレビ朝日系・木曜午後9時) 17.1%
2位『怪盗 山猫』(日本テレビ系・土曜午後9時) 14.3%
3位『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系・月曜午後9時) 11.6%
4位『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系・水曜午後10時) 11.2%
5位『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日本テレビ系、日曜午後10時30分) 11.1%
6位『フラジャイル』(フジテレビ系・水曜午後10時) 9.6%
6位『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系・火曜午後10時) 9.6%
8位『家族ノカタチ』(TBS系・日曜午後9時) 9.3%
9位『ダメな私に恋してください』(TBS系・火曜午後10時) 9.0%
10位『ナオミとカナコ』(フジテレビ系・木曜午後10時) 7.9%
11位『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京・金曜午後8時) 7.0%
12位『わたしを離さないで』(TBS系・金曜午後10時) 6.2%

※昨秋から2クール連続で放送中の『相棒』『科捜研の女』(ともにテレビ朝日系)は対象外とする。

今期の炎上系ドラマはフカキョンor広末!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

綾瀬はるか“香里奈”超えの大爆死、広末ドラマはフジ最下位! 1月期ドラマ初回ランクのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! SMAP・ジャニーズ・視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 愛子さまの“激やせ”写真の波紋
  2. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  3. 親の七光りだと思う若手二世タレント
  4. 堀北真希、引退劇の唯一の汚点
  5. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  6. 『べっぴんさん』最恐キャラ登場
  7. 堀北真希“引退会見”を拒否してた!?
  8. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  9. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  10. 小野賢章、天狗発言で悪評噴出!?
  11. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  12. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  13. 月9視聴率5%招いた3つの要因
  14. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  15. 櫻井ファンを疑心暗鬼にさせた、小川アナの1枚の写真
  16. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  17. テレ朝を剛力彩芽が起用し続けるワケ
  18. 熱愛疑惑のNEWS小山が語るNEWSへの思いとは?
  19. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  2. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  3. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  4. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  5. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  4. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  5. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ