芸能界覆面座談会

田畑智子、救急搬送のウラ側! フジ「自殺未遂」報道が“誤報扱い”、現場でのマスコミ襲撃も

fugainai2015.jpg
『ふがいない僕は空を見た』/TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋18年の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける駆け出し記者

■芸能マスコミ的に“おいしかった”2015年

A 2015年の芸能界は、マスコミ的に割とオイシイ1年だった気がします。大きなニュースが次々と出てきて、ネタ枯れの時期がほとんどありませんでした。

C 年始は、高橋ジョージと三船美佳の離婚騒動でスタートしましたよね。結局決着は16年に持ち越しと、世間が飽き始めると次の展開に進むという。

A 途中で結婚ラッシュもありました。堀北真希にTOKIO・国分太一、千原ジュニア、そして福山雅治。結婚しなさそうな人たちが同時期に結婚とあって、かなりの盛り上がりを見せましたね。

B 福山って結婚後、ちょっと撮られすぎじゃない(笑)? 吹石一恵とのツーショットこそないけれど、歩いてる姿やロケ現場、極秘でプロデュースしていた飲食店への出入りまで、「絶対マスコミに撮られない男」っていうキャッチフレーズがかすんでる気がする。

A 結婚したことで、気が緩んでしまったのかもしれませんね。

■テレビ朝日の忘れてはいけない不祥事

B フジテレビのダメダメっぷりが連日ニュースになってるけどさ。視聴率以外の話だったら、ほかの局だって結構不祥事はあるよね。

C 日本テレビは、「利益供与騒動」の上重聡、「内定取り消し騒動」の笹崎里菜と、アナウンサーが悪い意味で話題を呼びました。前者は本人、後者に関しては局サイドに非があるのですが。

B 上重ネタは、日テレ内部から各メディアにガンガンネガティブ情報が流れていたよ。やれまだ億ションから引っ越ししてないだの、駐車場に例の高級車がいまだに停まってるだの……とか(笑)。笹崎の方は、テレビに出るようになって沈静化した印象だけど。

A 僕がいまだに気になってるのは、テレビ朝日のヘリウムガス事故です。3B juniorのメンバーが収録中、ヘリウムガスを吸って意識を失い緊急搬送と、制作や局サイドの危機管理意識が問われる事態に発展しました。

「田畑智子のかぼちゃ騒動」って闇が深そうな字面

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!