30代半ば、男友達の子供を妊娠した。どうすべきか

◎恋人でない男性の子供を妊娠。「堕ろしてほしい」と言われましたが、年齢的に最後の妊娠になるかもしれないし、結論が出せません。

<もなかごおりさん>36歳/独身女性

 彼氏ではないけど何回かデートしていた関係の男の人、恋人未満の男友達くらいに思っていた人との子供を妊娠しています。

 いま6週目です。絶対に産まない方がいいのはわかっています。理由は、彼と私は別に愛し合っていないし、無理にお互い我慢して結婚したところで、うまくいくかどうかは賭けみたいなものです。そして彼は私が産みたいか否かを言う前に、「堕ろしてほしい」と頭を下げてきました。

 でも一方で、せっかく授かった命を粗末にしていいんだろうかと、罪の意識もあります。わたしは36歳、相手の男性は37歳です。男はともかく、女としてはもう次の妊娠が可能かどうかわからない年齢ですよね。煮えきらず、まだ結論が出せずにいます。

-----------------------------

 もなかごおりさん、いますごく大変な状況ですね……。

 私の友人の話になりますが、もなかごおりさんと同じように恋愛関係は全くなかったセフレの子供を妊娠して、セフレから「堕ろしてほしい」と言われ、友人もそうするしかないとの判断を下していました。しかし彼女は、中絶手術を受けるために病院に行った際に、赤ちゃんがお腹の中で動いているのを見て「産みたい」という気持ちが大きくなり、セフレには「どうしても産みたい、自分一人でも育てる」と伝えたそうです。結局、その子はセフレと結婚して子供を産み、いまでは「あの時、堕ろさなくて本当によかった」と思っていて、元セフレのご主人とも仲良くやっているそうです。

 こうした例もあるので、もなかごおりさんも「絶対に産まない方がいい」とは言い切れないんじゃないかなとも思います。かといって、「妊娠したし、年齢的にもギリギリだし、産もう!」と楽観的に思える状況でもないのもわかります。ましてや子供の父親である男性に「堕ろしてほしい」と言われているのならば、「産まない方がいいのでは」と考えてしまうのも尚更です。

 もなかごおりさんはその男友達に対して自分がいま思っていることは伝えたんでしょうか? 「堕ろしてほしい」と言われている中で、授かった命を粗末にすることへの不安や疑問を伝えるのは、心境的にもツライものがあるかもしれませんが、彼としては単純に「恋人でもない女性を妊娠させた=堕胎しか選択肢はない」と思っているかもしれません。

 男性はどうしても妊娠について疎い人が多いし、妊娠を体感できない分、なかなか自分の問題として捉えられなかったりします。男性と女性がセックスして初めて妊娠するのに、女性側ばかり問題を抱えることになるなんておかしな話ではあるんですが……。なので、もなかごおりさんの気持ちを話すことで、その彼も「そういう考え方もあったんだ」など気づきを得て、状況が変わることも考えられます。

 ちなみに、もなかごおりさんは男友達に妊娠を告げた時に彼が「一緒に育てよう、結婚しよう」と言っていたとしたら、それに同意して結婚からのマタニティーライフに突入していたんでしょうか? もしくは、それでも「好きな人の子供じゃないし、産むことは即決できない」と悩んでいたのか。それによっても今後すべきことは大きく違うと思います。

 もし前者なら、彼が子供の父親になる気がなく、この先もなかごおりさんと家族として生きていこうと考えていないことがネックになっているのでしょうから、それを解消するために動くのがいいんじゃないでしょうか。彼が同意してくれるかどうか不安でも、まずは産みたい、できれば結婚という形を取りたいと伝えるのが先でしょうね。

 逆に後者なら彼がどうこうではなく、もなかごおりさん自身の考え方次第ですから、産んだ場合、または産まなかった場合どうなるのかをイメージして、できるだけ後悔が少なくなるような選択をすべきでしょう。

 とはいえ、どんな選択をしても本当によかったかどうかがわかるのは遠い先の話かもしれませんし、その時点では最善策だったはずが後々後悔するということも考えられます。でも、そんなの誰にもわからないし、それでも決めなくてはいけないということだけが事実です。堕胎可能な期間は限られていますし、早めに決断をすることに越したことはないんですが……まだ悩める=選択肢があるという状況をほんの少しでいいので前向きに捉えてほしいと思っています。

 最後に。もなかごおりさんが避妊をどうしていたのかは相談文にありませんからわかりませんし、今さらもなかごおりさんに伝えてもどうしようもないことですが、これを読んでいる読者の方々へ。誰でも、セックスをするとき、その相手のことを「今このセックスで子供ができたとして、父親にふさわしい男性だ」と思いながらしているものでしょうか。「この人のこと今は好きだけど一生好きかっていうとわからんな~」「エッチする程度には好きだけど二人で親になるのは違うな~」という気持ちだったら、本当に、何度も繰り返し言っていますが、避妊をしましょう! 私がどんな相手とするときも必ずコンドームをつける理由のひとつは、当然ですが「望まない妊娠を避けるため」。ヤッてれば誰でもデキる可能性あるんです。そして私はヤリたい。だからコンドームをつけていきます。積極的にセックスを楽しみたい女性は、積極的に避妊していきましょう!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!