今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

大沢樹生、“親子関係なし”が判明した「運命の200日」に浮かぶ物語

oosawablog_2015.jpg
大沢樹生オフィシャルブログより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎物語を生む数字
 「長男との親子関係なし」の判決が出た大沢樹生。DNAだけでなく、結婚して200日が過ぎた後に妻が生んだ子どもはどーたらこーたらという「民法」が決め手だと聞いてちょっとびっくり。これを機に、この民法についてまたワーワーなるんだろうなぁ。前時代も極まれりな法ではあるが、大沢にとってはこれが一筋の光明であったわけだ。

 離婚後男手ひとつで育てて来た息子に対して、裁判を。ここに至るまで、彼と息子と元妻の喜多嶋舞の間に、どれだけの事情と感情と駆け引きがあったのか。運命の「200日」か。何か「江夏の21球」思い出しちゃったな。関係ないけど。

◎遺志を継ぐ者
 ジャニー喜多川に「やめな」と言われても続ける、と、舞台での恒例の「階段落ち」への思い入れを熱く語ったKinKi Kids・堂本光一。きっと一生やめないんだろうな。「人生の最期は階段で」ってくらいの思い入れが感じられる。毎回かなりのスピードと勢いで落ちていくらしいが、本人の加齢とともに、ちょっとずつ段数や段差が少なくなったりするんだろうか。なんか森光子のでんぐり返しを思い出すな。関係ないけど。

◎平和的解決のない戦い
 次女誕生後、インスタを上げるたび殺到する育児批判コメントに、「しつこい」と返したという木下優樹菜。批判は「聞こえない」とも。

 本当に批判を気にしてない人間は「聞こえない」とは言わないのである。気にしてるんだな。そしてそう思われるのが死ぬほどイヤなんだろう。タレントSNSジレンマ率第1位「思った通りに受け取ってもらえない」(著者調べ)を邁進中。今後、本人も意地になって育児の様子を上げ続けるだろうし、無数がそれに常に反応し続けるだろう。

 知らん者同士が、知らんところで戦い、磨耗し合っている。「アノニマス、ISISに攻撃」というニュースを聞いて、ふとこの件を思い出した。まったく関係ないけど。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!