[女性誌速攻レビュー]「DRESS」12月号

「DRESS」から独身アラフォー女性が消える!? “らしさ”消失で「読者カタログ」化

dress201512.jpg
「DRESS」2015年12月号(幻冬舎)

 リニューアルから3カ月。「DRESS」(幻冬舎)12月号の特集は、「街コレ・2015冬」。街で見かけた(という体の?)ドレスニスタたちがどーんと50体近く載っています。そして2つめの特集は「働くおしゃれびと」。ファッション、インテリア、そしてなぜかいきなりヘアスタイルを「働くおしゃれびと」の方々を参考に紹介しています。今月号は読者(?)カタログのようです。誌面の大半が読者モデルで埋め尽くされて、素人さん大集号!?

<トピック>
◎街コレ・2015冬
◎40歳からは顔筋メンテナンスの始めどき
◎DRESSのLove Restaurant

■ターゲットは「子持ちじゃなきゃOK」に?

 リニューアルの時にも感じたのですが、今月は特に、“なんだかとってもツッコみにくい”号です。あら探ししにくいというのではなく、「私たちはこれを提案したいんだ!」という編集部の気概が感じられない……。創刊時は、「伊達眼鏡をつけましょう」とか「日焼け肌っぽく見せましょう」とか、かなりとんがった提案をしており、「そんなことするか」と思えるような企画も多かったのですが、個性的な提案をしていたと思います。そんな独特な提案がウケなかったのか、どんどんと没個性になっているような気がします。

 今月号も、たくさんの素人さんが掲載されています。50人は下らない勢いです。それらをまとめることで、編集部のなにかしらの提案が見えるのかもしれませんが、残念ながら何も見えてこない。アラフォーともなると、未婚、既婚、収入と、それぞれの環境は多様になっています。それらに同じ価値観を提供するのが難しいことは、筆者もずっと書いてきましたが、実際に誌面に落とし込むとこんなにも色がなくなるものなのだな、ということも感じます。つまり、確固たる提案が薄いために、「××だから『DRESS』を買おう」と読者に思わせる、“「DRESS」である理由”が見当たらないのです。

 「働くおしゃれびとの部屋Snap!」では、おしゃれかつインテリアにも力を入れている女性たち6名が登場しています。そのうち4名が既婚者で夫と暮らしていて、あとの2人は両親同居とひとり暮らし。子どもがいないことは共通していますが、「あれ、これが『DRESS』の読者層だったのか?」「私は今なんの雑誌を読んでるのだろう?」と思ってしまいました。いつの間に、独身女性ではなくDINKS(古いか)のアラフォーがターゲットになったのでしょうか。そういえば最近は、婚活や結婚系の企画が見当たらないような……。

「アイツも丸くなったよな」と言いたくなる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決