とことんツイてない女

篠田麻里子、「バーニングに見限られた」!?  CM契約恐喝事件の“闇が深い”舞台裏

shinoda.jpg
バーニング、篠田推しやめるってよ

 元AKB48・篠田麻里子がスキャンダル報道の“とばっちり”を受けてしまった。CM契約をめぐる恐喝の容疑で逮捕された芸能プロ社長が、キャスティングに動いていたのが、ほかならぬ篠田だったと報じられたのだ。かつてはAKB運営サイドからの寵愛を受け、所属事務所も“芸能界のドン”率いるバーニングプロダクション傘下のサムデイとあって、AKBグループでは元締め的存在にもみられていた篠田だが、いまや天運にも見放されてしまったようだ。

 恐喝容疑で逮捕されたのは、芸能プロ「ぱれっと」社長の吉本暁弘氏。同プロは電話会社のCMに篠田を起用させようと企画したものの、失敗。すると吉本氏は部下だった男性社員に対して「接待に使った金を返せ」と、現金約56万円を脅し取ったという。

「同プロは、所属タレントのコマ不足による経営不振が続いており、近頃は他事務所に所属するタレントのキャスティングやマネジメントで口糊を凌いでいたようです。少し前には、萩原健一のマネジメントも行っていました。また、ぱれっとは、バーニングに近いライジング・プロダクション系列の事務所のため、篠田と接点があっても不思議ではありません」(週刊誌記者)

 ネット上では「なぜ関係ない事務所の篠田の名前が出ているんだ?」「篠田の界隈は闇が深いな」と“黒い交際説”も浮上しているようだが、「プロダクションをまたいでキャスティングなどの仕事を請け負うのは、業界ではよくある話。また、契約可否をめぐってのトラブルも決して珍しいことではなく、恐喝事件に発展してさえいなければ、篠田の名前も公にならなかった。篠田にとっては完全にもらい事故のようなものです」(同)

 しかし今回の報道では、「元AKB・篠田」の名前が、各メディアで大々的に報道されてしまった。

「いまだ紙媒体に対してAKBの支配力は絶大で、卒業生と言えども、圧力をかけて報道を握りつぶすことも日常茶飯事。篠田に関しても、AKB運営や所属のサムデイ、またそのバックにつくバーニングがメディアにストップを掛ければ、彼女の名前は公にならなかったはずです」(テレビ局関係者)

 にもかかわらず篠田の名前が出てしまったのは、「篠田がバーニングから、見限られているからでしょう」(前出・記者)という。

「もはやバーニング幹部の興味は、篠田ではなく、AKB48・島崎遥香やNMB48・山本彩ら若手メンバーに移ってしまっている。篠田はデザイナー活動も廃業同然だし、本気で挑んだという主演映画『リアル鬼ごっこ』でも、トリプル主演の1人である・トリンドル玲奈に、カナダ・モントリオール映画祭で最優秀女優賞をかっさらわれてしまいました」(同)

 12月開催の「AKB48劇場オープン10周年祭」で、久々にステージに登場すると発表された直後、恐喝・逮捕事件で名前が取り沙汰されてしまった篠田。とことん“運のない人”になってしまったのかもしれない。

バーニングの言葉がちらつくと途端に萎えるオタ心

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク