[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

料理したこともないけれど……娘の1泊保育のために「おにぎり」を作りましたよ!

kosodateillust200.jpg
(C)倉田真由美

 福岡にいる息子まーが来年に高校受験を控えているということもあり、最近、妻くらたまは最低で月1回、場合によっては月2回、1週間ほど福岡に帰っています。そこで息子に勉強を教えているみたい。妻も大変だとは思いますが、妻が月に2週間もいなくなるのはオレも大変になるわけですよ! 家事、育児、仕事を1人でこなさなきゃならないんでね。

 タイミング悪く、妻がいない週に、娘ココが通う幼稚園恒例の1泊保育がありました。今年も千葉のマザー牧場に行くわけですが、旅行に行く前の準備がいろいろある。まず出発1週間前から「健康カード」なる書類をもとに、毎日朝と夜の体温や睡眠時間、3食のごはんの量をチェックするんです。頭・ノド・おなかの痛みがないか、便は出たか、疲れてないか……と「項目多すぎじゃないか?」っていうくらい面倒!

 毎日寝る前にココに「頭とかおなかは痛くない? 疲れてない?」と聞いていたんですけど、「痛くない! 毎日聞かないで!」と逆ギレされた……。「ウンチは出た?」「今日は出てない!」「そっか、じゃ今日はバツ……と」と書き込んでいたら、ココが突然悲しそうな顔に! 「どうした?」「だってバツが付くと、マザー牧場に行けなくなる……がんばってウンチする!」と、ココはトイレに座り込んでる! マジで爆笑! 「ココ、1日出なくてもマザー牧場に行けるから。無理にしなくても大丈夫だよ」「でもバツが嫌だから出す!」とのこと。結局この日は出なかったが、翌朝出たので「○」にするとめちゃめちゃ喜んでました。たぶんバツが付くのがイヤなだけなんだろうな。

 出発前日には園で旅行の荷物検査するので、リュックに着替えなど詰め込んで準備万全! が、なんか忘れてる気がするなあ……と寝る前にリストを見ながら持ち物を再度チェック。「忘れ物はないな、オッケー!」とリストの注意事項を読むと、「持ち物すべてに名前を記入してください」とある! え? マジ? 名前を書いたっけ? と再度リュックから持ち物を全て出して確認すると、名前がない! 早く気付いてよかったけれど、靴下やパンツにも名前がいるのか……。というか、このマザー牧場の1泊保育は今年で3回目で、いままで2回同じことしているはずのに、完全に忘れてます!

 そして最大の難関は「お弁当」! オレは料理が苦手、というよりしたことがない。包丁の使い方もよくわからないんですよ。できるのはご飯を炊くこと、インスタントラーメン作りぐらい。そんなオレにお弁当作らせるとは!(いや、まあ作れんのだが……)

 妻が福岡に帰る前に、「弁当どうするよ?」と聞くと、「弁当じゃなくておにぎり2個だよ」とのこと。あー、おにぎりか! いや、オレはおにぎりも作れん! 「じゃあ、今日の晩ご飯はおにぎりにするから練習して!」と妻がいうので、早速練習です。おにぎりってただ握るだけかと思っていたんですが、手に塩つけて握るのか。いろいろ勉強になるな!

kosodateillust200-onigiri.jpg
初めてのわりには、なかなかでしょ?

 マザー牧場出発当日、朝7時に起きておにぎりを作りましたよ! 具は鮭です。そしてオレは幼稚園の役員として、保護者から子どもたちの健康保険証を預かり、園長に渡す役割があるので、30分ほど早めに幼稚園に行きました。バスに乗る子どもを見送っていると、ココの後ろにいた男の子が「ママと離れたくない!」と号泣し始めました。するとそれを見ていたココも、「とうちゃん……」と号泣! 過去2回とも泣いたことないのに、男の子を見ていたら寂しさが移ったんだろうな。こっちも切なくなるよ! が、バスに乗り込んだら泣きやみ、笑って手を振ってたから大丈夫かな。年に1回のイベントとはいえ、ココと離ればなれになるのは寂しいもんですよ!

 この日の夜は、クラスのママ友たちと飲み会へ! ママ12人で、パパはオレ1人のみ……。毎度のことながら、なぜほかのパパたちは参加してくれないのだろうか! かなり盛り上がって結局夜中の1時過ぎまで飲みましたよ。しかし、ここでは書けないが20人しかいないクラスでもいろいろあるんだなあ。驚きまくりの飲み会でしたよ! そして翌日の午後3時くらいに園児たちは無事に帰ってきました。

 数年前は、ココが5~6歳になれば世話も手がかからないだろうと思っていましたが、逆にイベントや付き合いなど、親がやることが増えてるような気がする……。小学校に入ればまたいろいろあるんだろうな~。ま、それはそれでやりますよ!

40歳を超えて、「初体験」を増やしていく男・叶井俊太郎!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク