フジの黒歴史に

フジ『水曜歌謡祭』最終回7.0%! 『ニュースな晩餐会』も打ち切りで“渡部建不要論”

2015suiyokayousai.jpg
『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)公式サイトより

 フジテレビの“起死回生”を担うはずだった音楽番組『水曜歌謡祭』の最終回が2日に放送された。番組は、10月より金曜深夜11時30分放送の『金曜歌謡祭』にリニューアルされることが発表されたが、スタート以来低迷していた視聴率は、最終回でも7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。ネット上では、『金曜歌謡祭』の早期終了が早くも予想されている。

 『水曜歌謡祭』は、森高千里とアンジャッシュ・渡部建がMCを務める生放送のレギュラー音楽番組で、森高が初の音楽番組のMC就任とあって、放送前から局内外問わず期待が寄せられていた。しかし、初回視聴率7.3%を皮切りに、数字は右肩下がりで、6月3日放送では自己ワーストの3.8%を記録。その後も低迷が続き、最終回でも初回の数字を上回ることはなかった。

「フジ恒例番組『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』のスタッフが集結した『水曜歌謡祭』は、新旧アーティストがさまざまな楽曲のコラボレーションを繰り広げるという、“お祭り”色の強い内容。ところが初回から、『毎週見ると飽きる』『年に2回だから面白いのに』と視聴者の反応はイマイチでした。しかも同MC陣で挑んだ『FNSうたの夏まつり』(7月29日放送)では、視聴率が10.7%と過去最低を記録してしまい、レギュラー化は逆効果だという意見も出ていました」(芸能ライター)

 最終回の番組終盤で、『金曜歌謡祭』も森高・渡部のMCは据置きされること、また年末の『FNS歌謡祭』も今年は2日間にわたって同MCが務めることを発表。フジサイドの2人への期待はまだまだ健在のようだが、ネット上では「全世代の視聴者を取り込もうとして、内容がぐちゃぐちゃになってしまった」「7%でも高視聴率に感じるくらい」「むしろここで終わった方が有終の美を飾れたのでは」「打ち切りまっしぐらだね」「これ以上、傷口広げる必要なし」と、冷めた声が相次いでいる。

「さらにダメ出しされているのが、進行以外のトークがまるでパッとしない渡部の存在感。渡部は、同じくフジで4月からスタートした『ニュースな晩餐会』のMCも担当していましたが、こちらもすでに打ち切りが報じられています。森高と同様、元TBSアナウンサー・田中みな実のフリー転身後初MC番組でしたが、両番組ともこの有り様では、渡部の存在意義を問う声が出るのも仕方ないでしょう」(同)

 なお、最終回のゲストは三代目 J Soul Brothers、秋川雅史、千秋、秦基博らで、ジャニーズ勢ではNEWS・増田貴久が出演していた。早期終了こそ免れたものの、『金曜歌謡祭』はいつまで続くのだろうか?

最大のミステリーは、クリロナの出演

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  9. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  19. GENKING、元カレ質問で大失態
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー