「いま、アメリカ・ユースカルチャーが気になるワケ。」トークショー

“アメリカの思春期”はなぜ魅力的? 学園映画、『glee』、YA小説から解く青春の「呪い」

yausa.jpg
『ヤング・アダルトUSA』(DU BOOKS)

 “スクールカースト”という言葉が市民権を得て久しいが、いくつになっても思春期の頃に埋め込まれた自意識を引きずっている人は多い。人々が青春モノや学校といったコンテンツに惹かれるのは、そうした若さゆえのもがきや葛藤に誰しもが共感するからだろう。

 先日、アメリカのティーンムービーを追い続けているライター&コラムニストの長谷川町蔵氏と山崎まどか氏による9年ぶりの共著『ヤング・アダルトUSA』(DU BOOKS)が出版された。「アメリカの思春期」を海外ドラマ、ラブコメ、学園映画、小説の登場人物のキャラクターやモチーフ分析で紐解いており、スクールカーストとモテ・非モテ問題から、大人気テレビドラマ「glee」の振り返り、テレビ局ごとの学園ドラマの歴史、ヒット曲を生み出すアイドルやプロデューサーの解説、リアリティ・ショーやネット文化という現代アメリカにおけるティーンの消費動向、妄想アメリカ大学案内といった、アメリカの土地に負けんばかりの広大な領域を10章にもわたって2人がしゃべりまくっている本である。本書の刊行を記念して7月31日、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSにて刊行記念トークイベント長谷川町蔵×山崎まどか「いま、アメリカ・ユースカルチャーが気になるワケ。」が開催された。

 両氏は2006年に、同じく対談した共著『ハイスクールU.S.A. ─アメリカ学園映画のすべて』(国書刊行会)を刊行した。こちらは150本もの映画を材料に、アメリカのスクールカーストや、登竜門的に若手監督や脚本家が腕試しをしてきた歴史などを考察し、「アメリカ学園映画」の成立条件とパターン分析を行った。本書は、その続編的な位置づけになるものの、学園映画という枠組みも取り払うことで異なるテーマを扱い、対談形式ではあるが「余談」ではない濃密さを持っている。トークイベントでは、全作との違いや本書の各章ごとの解説がメインに進められた。

 イベント冒頭では、まず長谷川氏が本書について「前回は『こんなに良い映画があるよ』という話がメインだったが、今回は作品を見ていない人も楽しめる内容。このコンテンツがウケているのは、『アメリカ社会がこうだから』という見方をしているから」と話し、山崎氏も「作品そのものを語るのではなく作品から見えてくる1つの傾向について語った」と総括した。

◎学園映画で確立した「アメリカの青春」という呪い
 まずは第1章で語られたのは、「この人なくしては語れない」と2人が口をそろえ、山崎氏も「今、私たちが知っている“アメリカの若者の考え”や“青春の原型”は80年代に彼が作った」と言う映画監督/脚本家のジョン・ヒューズについて。『すてきな片想い』(1984年)や『フェリスはある朝突然に』(86年)などで、アメリカの思春期を概念から作った彼だが2009年にジョギング中に心不全で亡くなったため、本書ではその生涯を考察している。ジョンの訃報を聞き、2人は亡くなった場所であるマンハッタンのミッドタウンに出向いたのだという。そして死の直前に彼が撮影した写真がデジカメに残されているという情報をもとに、同じように写真を撮影、そして2人から天国のジョンに手向けるようにその写真は本書にも掲載されている。しかし一方でその大きすぎる功績は、「彼の作品以降、全ての学園映画が“ジョン・ヒューズ的か”“ジョン・ヒューズ的ではないか”と語られ」(山崎氏)、「作品の世界観が現実のティーンにまで及んでいる」(長谷川氏)といったある種の「呪い」を持ってしまっているのだという。今後新しいものを作っていくために、ジョン・ヒューズをどう捉え直していくかに向かうべきだと、これからの学園映画の方向性を示した。

 また2人がその長いキャリアの中で行ってきた良い意味での“暴れっぷり”も自ら紹介。長谷川氏は「セレブ・ブーム特集だったのにね」と前置きしつつも、「INVITATION 2005年3月号」(ぴあ、09年休刊)でなぜか山崎氏が白人アイドル・ポップを、自身が黒人ヒップホップ・ソウルについて熱弁を奮ったことや、「『PLAYBOY』(集英社、08年休刊)なのにエロ目線を無視しました」(山崎氏)という、「PLAYBOY日本版2007年4月号」でのアメリカン・アイドル大真面目語りといった今までの数々の暴挙が面白おかしく語られた。本書の各章には企画の範囲をはみ出しながらも、2人が熱く考察してきたこれらの軌跡もしっかりと引き継がれており、その情報量の多さには2人の成してきた仕事量や熱量が感じられ、感服さえするはずだ。

ビバヒルみたいな夏にしたい、って思い続けて十何年……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー