イジられ上手!

『デスノート』11.6%に上昇! 月が突如天才化、“重要証拠品”放置の警察に「演出雑すぎ」

150706deathnote.jpg
『デスノート』(日本テレビ系)公式サイトより

 原作・大場つぐみ、漫画・小畑健による人気マンガのドラマ版『デスノート』(日本テレビ系)の第7話が8月16日に放送され、視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得。第5話で自己ワーストの8.2%を記録していたが、第6話の10.2%から上昇し、2週連続2ケタをキープした。

 名前を書いた人間を死に至らしめる「デスノート」を手にした“キラ”こと夜神月(窪田正孝)と、天才探偵・L(山崎賢人)との攻防戦を描いた物語。第6話の終盤、デスノートの所有権を放棄し、キラとしての記憶を失くした月。第7話では、いまだに自分をキラだと疑っているLを信用させるため、刑事の父・総一郎(松重豊)らとともに「キラ対策室」の一員として捜査に加わることに。新たに現れた別のキラが、ヨツバジャパングループの関係者だと目を向けたキラ対策室は、殺害の決定的証拠を掴むために、月と“ミサミサ”ことアイドルの弥海砂(佐野ひなこ)、対策室の松田桃太(前田公輝)をヨツバ本社に潜入させるという展開だった。

「ドラマ自体は、原作と別物で『面白い』という声があるものの、ヨツバジャパングループ編を1話に集約したことに、原作ファンからは『ヨツバ編、超スピード展開だな』『雑すぎ』と、不満の声が出ていました。また、ドラマ版は月とLの“天才VS天才”の対決ではなく、月は『どこにでもいるような大学生』という凡人設定になり、放送前から物議を醸していましたが、その設定も完全に崩壊しました。第7話では、一緒にキラを捕まえたいと言い出した月に、松田が『いや、でも月君は学生だし』となだめた場面で、Lが『ただの学生じゃありません。彼の才能を開花させた私が保証します』と進言。これには、『凡人設定じゃないのかよ。なんで才能が開花したことになってんだ』『なにが「月の才能を開花させた」だよ』『月の才能を開花させたのはデスノートだから』といったツッコミが続出していました」(芸能ライター)

 初回から現在まで、原作や映画との相違や脚本・設定が、視聴者にツッコまれている『デスノート』。第7話の最後には、ヨツバの幹部・火口(柏原収史)が“第3のキラ”として逮捕され、月は隙をついてデスノートを手に。その瞬間、キラの記憶が戻った月はLの目を盗んで隠し持っていたノートの切れ端を使って火口を殺害し、デスノートの所有権を取り戻した。原作版、2006年公開の映画版で藤原竜也が演じ、月が「計画通り」とつぶやく有名な場面だが、ドラマの月はノーマークの状態でノートに触れ続けていたため、「『計画通り』が怪しすぎ」「デスノートを抱えた月を放置して、火口の様子を見に行くLに違和感」「警察も、重要証拠品のデスノートを放置するな」「演出が雑すぎる」という指摘も相次いでいた。

 視聴者からは、視聴率上昇について「脚本を原作に寄せて来たのがよかったのか」というコメントも上がっており、終盤に向けて初回の16.9%超えにも期待が高まる。

ツッコまれるという愛され方もある!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク