イジられ上手!

『デスノート』11.6%に上昇! 月が突如天才化、“重要証拠品”放置の警察に「演出雑すぎ」

150706deathnote.jpg
『デスノート』(日本テレビ系)公式サイトより

 原作・大場つぐみ、漫画・小畑健による人気マンガのドラマ版『デスノート』(日本テレビ系)の第7話が8月16日に放送され、視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得。第5話で自己ワーストの8.2%を記録していたが、第6話の10.2%から上昇し、2週連続2ケタをキープした。

 名前を書いた人間を死に至らしめる「デスノート」を手にした“キラ”こと夜神月(窪田正孝)と、天才探偵・L(山崎賢人)との攻防戦を描いた物語。第6話の終盤、デスノートの所有権を放棄し、キラとしての記憶を失くした月。第7話では、いまだに自分をキラだと疑っているLを信用させるため、刑事の父・総一郎(松重豊)らとともに「キラ対策室」の一員として捜査に加わることに。新たに現れた別のキラが、ヨツバジャパングループの関係者だと目を向けたキラ対策室は、殺害の決定的証拠を掴むために、月と“ミサミサ”ことアイドルの弥海砂(佐野ひなこ)、対策室の松田桃太(前田公輝)をヨツバ本社に潜入させるという展開だった。

「ドラマ自体は、原作と別物で『面白い』という声があるものの、ヨツバジャパングループ編を1話に集約したことに、原作ファンからは『ヨツバ編、超スピード展開だな』『雑すぎ』と、不満の声が出ていました。また、ドラマ版は月とLの“天才VS天才”の対決ではなく、月は『どこにでもいるような大学生』という凡人設定になり、放送前から物議を醸していましたが、その設定も完全に崩壊しました。第7話では、一緒にキラを捕まえたいと言い出した月に、松田が『いや、でも月君は学生だし』となだめた場面で、Lが『ただの学生じゃありません。彼の才能を開花させた私が保証します』と進言。これには、『凡人設定じゃないのかよ。なんで才能が開花したことになってんだ』『なにが「月の才能を開花させた」だよ』『月の才能を開花させたのはデスノートだから』といったツッコミが続出していました」(芸能ライター)

 初回から現在まで、原作や映画との相違や脚本・設定が、視聴者にツッコまれている『デスノート』。第7話の最後には、ヨツバの幹部・火口(柏原収史)が“第3のキラ”として逮捕され、月は隙をついてデスノートを手に。その瞬間、キラの記憶が戻った月はLの目を盗んで隠し持っていたノートの切れ端を使って火口を殺害し、デスノートの所有権を取り戻した。原作版、2006年公開の映画版で藤原竜也が演じ、月が「計画通り」とつぶやく有名な場面だが、ドラマの月はノーマークの状態でノートに触れ続けていたため、「『計画通り』が怪しすぎ」「デスノートを抱えた月を放置して、火口の様子を見に行くLに違和感」「警察も、重要証拠品のデスノートを放置するな」「演出が雑すぎる」という指摘も相次いでいた。

 視聴者からは、視聴率上昇について「脚本を原作に寄せて来たのがよかったのか」というコメントも上がっており、終盤に向けて初回の16.9%超えにも期待が高まる。

ツッコまれるという愛され方もある!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー