みんな逃げて~!

NMB48・市川美織のナゾ告白に記者失笑! 尾木プロ主導の強引すぎる“華原朋美”売名作戦

2015kaharato.jpg
『ALL TIME SINGLES BEST』/Universal Music

 NMB48・市川美織が15日、サンリオピューロランド夏のプロモーション「ちゃんりお」公開記念発表会に出席した。しかし会見中、市川からいきなり“華原朋美”の名前が飛び出したことで、場内の報道陣からは失笑が起こっていたという。

 市川といえばレモン好きで「フレッシュレモンになりたいの~」というキャッチフレーズと天然キャラで知られ、今年のAKB48選抜総選挙では79位にランクインするなど、中堅メンバーとして活動している。

「この日の市川は会場の空気を読んでか、レモン愛を熱弁して“暴走”することもなく、ピューロランドへの愛や『ちゃんりお』のPRに徹していました。大好きというマイメロディとポムポムプリンに挟まれて『サンドイッチの中の具のイメージ』などと天然発言を繰り出しつつ、AKBグループの同期・加藤玲奈とグッズトークで盛り上がったという話もしていました」(ワイドショースタッフ)

 そんなフワフワした会見だったが、司会からの「ピューロランドに誰と来たい?」という質問で、空気は一変したという。

「それまでグループに関係することを話していた市川が、唐突に『同じ事務所の華原朋美さんが大のキティちゃん好きなので、ピューロランドデートしたい』とコメントしたんです。いくら華原と同じプロダクション尾木所属とはいえ、台本にそう書いてあったんじゃないかと思いたくなるくらいの違和感アリアリコメントで、記者たちは『明らかに、事務所に言わされてるだろ』『尾木プロの強引すぎるPR』と呆れてました」(同)

 華原といえば手ブラヌードやプロレスラー・本間朋晃との交際など、今月に入ってから話題作りに邁進している(既報)が、ついにAKBグループまで動かし始めたよう。そんな市川による華原のプロモーションだったが、マスコミは興味がなかったのか「囲み取材では誰も華原とピューロランドデートの話題を聞くことはなかったです」(同)と、不発に終わったようだ。

 華原はTwitterで「れもんちゃん(※市川)とピューロランドデート 是非 よろしくお願いします 私はキティちゃんが大好きです」と市川との仲良しぶりをアピールしているが、手ブラ、プロレスラーとの交際に次ぐ、話題になるのだろうか?

小室哲哉を使い切るのが早すぎ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  12. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー