ホリプロパワー全開か?

『デスノート』“ミサミサ”役・佐野ひなこ、「抜擢ではなくゴリ押し」と関係者も溜め息

desunote001.jpg
『デスノート』(日本テレビ系)公式サイトより

 5日にスタートした日本テレビ系連続ドラマ『デスノート』が物議を醸している。原作の天才設定とは打って変わり、窪田正孝演じる主人公・夜月光はアイドルオタクの平凡な大学生。山崎賢人演じるライバルのLは肉体派に変貌し、放送前から賛否両論が巻き起こっていた。

 だが、物議を醸しているのはこの2人だけではない。若手グラドル・佐野ひなこ演じる「ミサミサ」こと弥海砂(あまね・みさ)も原作ファンから疑問の声が上がっているのだ。

「初回放送を見てビックリしましたよ。あれはメークのせいなのかな? 顔がパンパンに太っているように見えるんですよ。コスプレが似合うというだけでキャスティングされたのでは」(テレビ関係者)

 ネットでも佐野の“激太り”は話題になっており、「ブサブサ」「がっかりした」「ある意味、セクシー」という声が入り乱れている状態だ。そんな中、初回放送翌日の6日には原作アニメで「ミサミサ」の声優を務めた女優の平野綾がTwitterとブログで、「怖い!!」「19歳怖い」「若い」という文章とともに19歳当時のミサミサのコスプレ写真を公開。ネット上では、スタイル抜群の平野の写真と“佐野版ミサミサ”を比較する声まで上がっている。

「そもそもドラマ版のキャスティングは舞台版デスノートの権利を持つホリプロの意向が働いている。佐野だけでなく、N(ニア)役の優希美青もホリプロ所属。抜擢というよりゴリ押しという表現の方が適切でしょう」(同)

 佐野は初回放送後の6日、Twitterを通じ「もっと頑張ります!」「来週もぜひご覧ください!今日も朝から夜まで撮影でした。お疲れ様でした」と前向きなコメントを寄せているが、女優として試金石の今作で飛躍することはできるだろうか。

好き勝手いいながらもみんな見てるっつうことね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  19. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー