ホリプロパワー全開か?

『デスノート』“ミサミサ”役・佐野ひなこ、「抜擢ではなくゴリ押し」と関係者も溜め息

desunote001.jpg
『デスノート』(日本テレビ系)公式サイトより

 5日にスタートした日本テレビ系連続ドラマ『デスノート』が物議を醸している。原作の天才設定とは打って変わり、窪田正孝演じる主人公・夜月光はアイドルオタクの平凡な大学生。山崎賢人演じるライバルのLは肉体派に変貌し、放送前から賛否両論が巻き起こっていた。

 だが、物議を醸しているのはこの2人だけではない。若手グラドル・佐野ひなこ演じる「ミサミサ」こと弥海砂(あまね・みさ)も原作ファンから疑問の声が上がっているのだ。

「初回放送を見てビックリしましたよ。あれはメークのせいなのかな? 顔がパンパンに太っているように見えるんですよ。コスプレが似合うというだけでキャスティングされたのでは」(テレビ関係者)

 ネットでも佐野の“激太り”は話題になっており、「ブサブサ」「がっかりした」「ある意味、セクシー」という声が入り乱れている状態だ。そんな中、初回放送翌日の6日には原作アニメで「ミサミサ」の声優を務めた女優の平野綾がTwitterとブログで、「怖い!!」「19歳怖い」「若い」という文章とともに19歳当時のミサミサのコスプレ写真を公開。ネット上では、スタイル抜群の平野の写真と“佐野版ミサミサ”を比較する声まで上がっている。

「そもそもドラマ版のキャスティングは舞台版デスノートの権利を持つホリプロの意向が働いている。佐野だけでなく、N(ニア)役の優希美青もホリプロ所属。抜擢というよりゴリ押しという表現の方が適切でしょう」(同)

 佐野は初回放送後の6日、Twitterを通じ「もっと頑張ります!」「来週もぜひご覧ください!今日も朝から夜まで撮影でした。お疲れ様でした」と前向きなコメントを寄せているが、女優として試金石の今作で飛躍することはできるだろうか。

好き勝手いいながらもみんな見てるっつうことね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『デスノート』“ミサミサ”役・佐野ひなこ、「抜擢ではなくゴリ押し」と関係者も溜め息のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! ドラマ・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  2. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  3. 消えたタレント料理人たちは今
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. イソフラボン配合はまやかし?
  7. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  8. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  9. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  10. プウ美ねえさん流体重キープ術
  11. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  14. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. 消えた人気女性アスリートは今
  17. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  18. “クズすぎる男性タレント”暴露
  19. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  20. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参