今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

SMAP・香取慎吾、完成度7割な体の「ライザップ」CMで考えられること

raizap-shingo.jpg
「ライザップ」公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎新しい懲罰機関
 「ライザップ」のCMに登場したSMAP・香取慎吾。何か、香取慎吾って、いつも体の完成度が6、7分目な印象である。「まだ完璧じゃないんだけど、鍛えてる途中」というスタンスが常態化しているというか。で、やはりこのCMでも、「ただ今ライザップ中」と銘打ち、「胸の上の方だけ見せる」という中途半端な登場の仕方をしている。

 体形のビフォア→アフターの極端な変化を見せることで耳目を集めてきたというのに、どうしたライザップ。さすがのライザップも、香取慎吾のルーズさにはお手上げということなのか。それとも業を煮やした事務所のお仕置きなのだろうか。「あんまりだらしない体してると、ライザップのCMやらすぞ」が、今後新しい懲罰のスタンダードとなるのだろうか。

 ハリルホジッチ監督も視野に入れているというライザップ活用術。嘘だが。とりあえず、頑張れ宇佐美。

◎夕方の怪奇現象
 フジテレビの『みんなのニュース』の番組中盤、突然入る歌のコーナーが怖い。ニュースの中で突然、Eテレの「みんなのうた」風の、絵本っぽいアニメに乗せた童謡ソングが流されるのである。丸々1曲、数分間尺取って。

 「これ私にだけ見えてたらどうしよう」という怖さもあるが、このコーナーを放送することが正式決定された事実がまず怖い。「斬新かも」「はやったりして」なんつうやりとりが交わされたりしたのだろうか。溺れる者は藁にもすがるというが、藁すらないのに、空虚の中で手だけが動いているというのは、中々の恐怖である。つまらないの範疇を越え、今、フジテレビは、ホラーの域に。

◎お仕事お待ちしています
 先日の山手線の事故解説で、局をまたいであちこちでコメント出演していた、交通コンサルタントの阿部等さんという男性。いや、コメント自体には何の問題もないのであるが。見るたび釘づけになってしまった。村西とおる監督にそっくりなんだもん。

 あの太く硬い髪、分け目の感じ。アルカイックスマイルを湛えた口元と実は笑っていない目元。三角形の眉と毛の質。滑らかな話し方。ああそっくり。でも本人、たぶん自分が村西とおる監督似という自覚はないと思う(当たり前)。しかし、もはや寄せて行ってるんじゃないかというくらいのレベルで似ている。誰か言ってやった方がいいんじゃないか、「似ちゃってますよ」と。

 いやでも、JR東日本出身だという阿部さん、このまま、村西とおるそっくりの姿のままで、「駅弁の話」なんかしてもらえたら、それはそれでまた有難い。とにかく見られるだけで有難い。鉄道事故なしの安全な世の中で、もっと阿部さんを見る術はないものだろうか。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に(情報センター出版局)、1月16日に新刊(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 新春ジャニオタ放談
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー