その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「オレ行っちゃって大丈夫かなぁ?」手越祐也のスター自意識がまったくの杞憂だった!

jtegoshi06.jpg
これだけすがすがしい勘違い野郎がいるだろうか!

【ジャニーズ研究会より】

 NEWS手越祐也がレギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。これまでにもシャボン玉ショーやバンブーダンスに挑戦し、見事なパフォーマンスを披露してきた“エンターテイナー手越”が、3月15日放送回では刀削麺(トウショウメン)作りに挑戦しました。

 手越が修行にやって来たのは香港。あいにくの曇り空にもかかわらず「まぁいいでしょう。なぜかわかりますでしょうか? 僕が光となって皆さんを照らすからです!」と、いつも通り王子キャラ全開の手越。そんな手越を指導してくれるのは、25歳ながら特級麺点師の位を持つリュウ先生。まずはリュウ先生がさまざまな麺料理を作ってくれることになりました。が、それを食した手越のボキャブラリーのなさといったらありません。指の間から生地を鍋に垂らして作る「握溜溜(ウォリュウリュウ)」を試食する場面では、「あぁうまいね! モッチモチ! うまいね! パスタよりモッチモチだよ」と「うまい」と「モッチモチ」を繰り返し、硬めの生地を筒状にして蒸した「ヨウ麺」を食しても「あぁこりゃうめぇわ」「モッチモチだよこれ! あぁうまいうまいうまい」。さらに「猫耳朶麺(マオアールメン)は、その名前を聞くや「ネコミミメンって書くんだ! へぇいいっすねぇ~ネコかわいいですからねぇ」と適当すぎるコメント。そして食せば「あ、うま! うま! うまーい!」「最高! モッチモチ」。さすがにもう少し語彙を増やしたほうが良さそうです。

 今回手越が挑戦する刀削麺は、硬く練った生地を金属片で削り、鍋に飛ばし入れ作られるもの。早速リュウ先生による特訓が始まりますが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「オレ行っちゃって大丈夫かなぁ?」手越祐也のスター自意識がまったくの杞憂だった!のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  7. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  8. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  9. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  14. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  15. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  16. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  17. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  18. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?
  19. プウ美ねえさん流体重キープ術
  20. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参