今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

YOSHIKIが自身の過去エピソードについて黙秘を貫くべきだったワケ

yoshikisan.jpg
YOSHIKI公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎墓荒らし急増?
 『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で放送された、自身のエピソードに反論したYOSHIKI。「たまたま見てしまいました」て。『ミになる図書館』を見るYOSHIKI、そしてそれに反論するYOSHIKI、反論したばっかりに、「髪のセットが半分だけなのは時短のため」「泥酔してラジオ乱入」といった話が拡散する結果となったYOSHIKI。全てのまぬけは、反論しなければ防げたはずなのに。なぜに。

 このせいで、何かまた『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)を思い出してしまったな。「ゲイリー・ヨシキ」という爆弾を抱えている以上、YOSHIKIには、過去に関して、スルー以外の対処法は、ない。

◎この恨み、どう晴らす
 妊娠するも、交際相手の社長に入籍拒否宣言をされていた仁科仁美。この理不尽に、母の仁科亜季子を始め家族は大反発。しかし、仁美本人だけが「彼について行く」と心を固めているらしい。「本人がいいって言ってるんだから、いいじゃない」という結論を導き出すのは簡単だが、やしきたかじんの件があるからなぁ。「本人がいいって言っても、やっぱダメ」を言い続ける人間がいてくれる大切さ。享受しましょう。

 しかし、株をやってる知人は「この社長の会社の株、買ってもいいかも」と言っていた。「仁科仁美とは結婚したくない、とキッパリ公言」という社長の姿勢に、ビジネスの風を感じたというのである。

 ま、株のことはわからんが、仁科亜季子は、法的措置うんぬんよりも、彼の会社の株をありったけ買っとくというのもアリかもしれない。大儲けしたら、それはそれで新たに哀しいが。

◎また会う日まで!
 放送1000回にして「キンキン最終回」を、特に喧伝もないまま、淡々と放送していた『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)。

 これが他局だったら、ギネス最年長司会者のアピールも含めたキンキンと番組との歩み、ケロンパからのねぎらいの言葉、涙涙の共演者、歴代アシスタントが花束を持って駆けつけ、最後はうやうやしくキンキンからの挨拶と、これでもかの味付け段取りで2時間押し切るところであるが。

 不祥事で映せなくなったとか、急病で出られなくなったというワケでもないのに、この抑揚のなさ。何もかも裏読みした後に来るこの清々しさこそ、さすがテレ東、さすが『アド街』の面目躍如ということなのか。あまりの平板さに、逆に「キンキンが知らないだけだったら、どうしよう」という不安が、少し胸をよぎったが。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、1月16日に新刊『今井舞がゆく! 気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク