今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

YOSHIKIが自身の過去エピソードについて黙秘を貫くべきだったワケ

yoshikisan.jpg
YOSHIKI公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎墓荒らし急増?
 『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で放送された、自身のエピソードに反論したYOSHIKI。「たまたま見てしまいました」て。『ミになる図書館』を見るYOSHIKI、そしてそれに反論するYOSHIKI、反論したばっかりに、「髪のセットが半分だけなのは時短のため」「泥酔してラジオ乱入」といった話が拡散する結果となったYOSHIKI。全てのまぬけは、反論しなければ防げたはずなのに。なぜに。

 このせいで、何かまた『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)を思い出してしまったな。「ゲイリー・ヨシキ」という爆弾を抱えている以上、YOSHIKIには、過去に関して、スルー以外の対処法は、ない。

◎この恨み、どう晴らす
 妊娠するも、交際相手の社長に入籍拒否宣言をされていた仁科仁美。この理不尽に、母の仁科亜季子を始め家族は大反発。しかし、仁美本人だけが「彼について行く」と心を固めているらしい。「本人がいいって言ってるんだから、いいじゃない」という結論を導き出すのは簡単だが、やしきたかじんの件があるからなぁ。「本人がいいって言っても、やっぱダメ」を言い続ける人間がいてくれる大切さ。享受しましょう。

 しかし、株をやってる知人は「この社長の会社の株、買ってもいいかも」と言っていた。「仁科仁美とは結婚したくない、とキッパリ公言」という社長の姿勢に、ビジネスの風を感じたというのである。

 ま、株のことはわからんが、仁科亜季子は、法的措置うんぬんよりも、彼の会社の株をありったけ買っとくというのもアリかもしれない。大儲けしたら、それはそれで新たに哀しいが。

◎また会う日まで!
 放送1000回にして「キンキン最終回」を、特に喧伝もないまま、淡々と放送していた『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)。

 これが他局だったら、ギネス最年長司会者のアピールも含めたキンキンと番組との歩み、ケロンパからのねぎらいの言葉、涙涙の共演者、歴代アシスタントが花束を持って駆けつけ、最後はうやうやしくキンキンからの挨拶と、これでもかの味付け段取りで2時間押し切るところであるが。

 不祥事で映せなくなったとか、急病で出られなくなったというワケでもないのに、この抑揚のなさ。何もかも裏読みした後に来るこの清々しさこそ、さすがテレ東、さすが『アド街』の面目躍如ということなのか。あまりの平板さに、逆に「キンキンが知らないだけだったら、どうしよう」という不安が、少し胸をよぎったが。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、1月16日に新刊『今井舞がゆく! 気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー