[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・相葉雅紀、月9主演決定! 池井戸潤『ようこそ、わが家へ』ドラマ化に「低視聴率許されない」

aiba-0113.jpg
「100倍返しだ!」発言は伏線だったの?

 現在放送中の杏主演月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)が、“恋愛不適合者”同士のラブコメディという奇抜なストーリーながら、初回視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録し、話題を集めている。そんな中ネット上では、早くも4月期の月9ドラマ情報が飛び交っているという。

「一部でも報じられていますが、次クールの月9主演は嵐の相葉雅紀です。原作は『半沢直樹』(TBS系)『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)でも知られる作家・池井戸潤氏の『ようこそ、わが家へ』(小学館)だそうです。原作は、“身近に潜む恐怖”がテーマで、真面目だけが取り柄の会社員が、ストーカートラブルや職場での不正疑惑に巻き込まれていくという物語です。すでに撮影も始まっていて、正式発表を待っているファンも多いようです」(広告代理店関係者)

 相葉のゴールデンタイムの主演ドラマといえば、『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)と『ラストホープ』(フジテレビ系)の2本。しかし平均視聴率は『三毛猫』が12.8%、『ラストホープ』10.6%で、「特別よくも悪くもないという印象です。『ラストホープ』は、最終回が8.9%と、初回から5.3ポイントも下がってしまったのが気になりましたが」(芸能ライター)という。

「今回の相葉のドラマは、ドラマ化作品が次々にヒットを記録している池井戸原作だけに、世間からの注目度も高く、視聴率に対する目もシビアになる。数字が伸び悩めば、その“戦犯”は確実に相葉となってしまうので、かなりのプレッシャーを感じていると想像できます」(前出・代理店関係者)

 すでにファンの間でも「月9はちょっと重いね……」「数字が取れないと叩かれそうで怖い」など、心配の声が相次いでいる。また昨年11月公開の相葉主演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』も、苦戦が強いられていたようだ。年明け時点の興行収入が「約8億4,000万円といわれており、続々と舞台挨拶が追加されていた割には、物足りない数字ですね。“大ヒット”とは言いがたい結果」(同)のようだ。

「アイドル主演のドラマが低視聴率だと、グループ全体の人気低下とまで評価されてしまう。特にSMAPはこの傾向が顕著なのでは。そのため、作品の出来以前に視聴率の推移がファンの心配事となっているのでしょう。ちなみに嵐の月9主演作は、大野智主演『鍵のかかった部屋』が平均16.0%、また松本潤主演『夏の恋は虹色に輝く』が平均12.3%、『ラッキーセブン』が平均15.6%、『失恋ショコラティエ』が平均12.3%となっています」(ジャニーズに詳しい記者)

 グループの名前を背負い、さらに前クールが話題作というプレッシャーの中、果たして相葉はどこまで健闘してくれるのだろうか。
(須田恭也)

半沢ファンの嵐内視聴率は100%と予想

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク