校内で起こるわいせつ犯罪、背景に横たわる歪んだ権力構造

【messyより】

211121cw.jpg
『スクールセクハラ:なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』幻冬舎

 文部科学省の調査によれば、2012年度にわいせつ行為でなんらかの処分を受けた教員の数は、186名になるという。すべての処分がニュースになったと仮定すると、視聴者はちょうど2日に1件はわいせつ教師の事件を目にしたことになる。換算してみたら、これはすごく多いんじゃないか、と思う。そうなってくるとニュースの受け手のほうも慣れっこになっていて「また変態教師か」だとか「またロリコン教師か」だとか、半分呆れながら受け流してしまうかもしれない。

 1990年度に処分されたわいせつ教員は22名。20年間でおよそ9倍の教員が処分されるようになっている。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク