男性アイドルとの抱擁も撮られた!!

乃木坂46、“飲酒疑惑”報道の謝罪前日にバー出没!! 「早くクビにしないから」とファン激怒

20141119yamato.jpg
乃木坂46オフィシャルサイトより

 松村沙友理の不倫騒動で揺れる乃木坂46に、またもスキャンダルが勃発した。先月「週刊文春」(文藝春秋)に未成年飲酒疑惑を報じられてブログで謝罪した大和里菜が、その謝罪前日に都内飲食店で再びの飲酒、さらに今月には、男性アイドルと路上で抱き合っていたと、19日発売の同誌に報道されたのだ。乃木坂のスキャンダルに関しては、運営サイドの意向で「お咎めなし」となっているそうだが、これでは各メンバーの私生活にまったく歯止めが掛けられなくなってしまいそうだ。

 同誌は、大和が飲酒報道についてブログで「皆さんに私の軽率な行動で沢山の迷惑と心配をかけてしまい、本当に本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した前日夜、六本木にあるバーのVIPルームで「アイドルやってまーす。写真はやめてね」などと発言、やはりその場でも飲酒していたと報じている。さらに今月12日には、大和の交際相手という若手アイドルNEVA GIVE UPの岡田鷹斗と深夜に密会し、路上で抱擁していたと、写真とともに掲載。

「まったく反省の色を見せていない行動に、乃木坂ファンからも『呆れた』『さすがに大和はクビになるんじゃないか』『早く切らないからこうなるんだよ』といった、失望の声が多数上がっているほか、『そもそも大和は不人気のメンバー』として、『自分の推しメンじゃなくてよかった』『大和がクビならグループ内の顔面偏差値が上がる』といった安堵の声まで出ています」(芸能ライター)

 さらに松村と集英社社員の“不倫路上キス”に始まった、一連の乃木坂スキャンダル報道に関して、当初レコード会社は厳重な処分を検討していたという。しかしNMB48・渡辺美優紀のお泊まりスキャンダル以降、運営サイドは「基本スルーする」という方針となったため、各メンバーにペナルティは発生していないのだとか。

「その戦略がアダとなり、今回の大和のような事態に陥ってしまったのかもしれません。再び同じような謝罪をブログに掲載したところで、もはや単なる“茶番劇”となるのは明らか。ネット上では、『謝罪後にやらかしたって点では、松村よりひどい。大和だけでも処分していいのでは』という意見もあるほどです」(同)

 スキャンダル報道の対策よりも、まずは各メンバーに自らがアイドルという意識を、早急に持たせることが先決だと思わせる今回のスキャンダル。年末には『NHK紅白歌合戦』の“出場内定”報道もあった乃木坂だけに、今後も謝罪とスルー対応だけでは、決して済まされなくなってしまうことだろう。

どう“美談”にするか、御用達スポーツ紙記者の腕に期待

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに