サイゾーウーマン勝手に調査団

風俗業界関係者、飲食店経営者が驚いた! 夜の街でうわさの男性タレントたち

fuzokutenkokodake.jpg
『風俗店ここだけの話』(イースト・プレス)

 常日頃、マスコミにプライベートを張られている芸能人たち。“夜の街”でのお遊びには慎重にならざるを得ないはずだが、それでもばっちりと目撃されてしまうタレントはいる。今回は、夜の街でうわさになった、男性タレントの意外な姿をお届けする。

 まずは昨年5月、妻の浮気現場に鉢合わせるというショッキングな出来事を経て、離婚してしまった俳優・N。バラエティ番組で離婚をネタにするなど、すでに前を向いて活動しているが、五反田のセクキャバにも姿を現しているようだ。

「Nはこの店の店員と友人関係で、結婚前からよく利用しているそうです。周囲の目もあるだけに、閉店間際など混雑時を狙い、誰にもわからないようにコッソリ出入りしているようですが。友人の付き合いとはいえ、風俗店を利用するとあって、店の関係者からは『なかなか情に厚い男だ』と言われていますよ(笑)」(風俗業界関係者)

 続いても人気俳優・O。彼は、“親友”と言われている、人気お笑い芸人Sとともに、セクキャバで目撃談が相次いでいるという。

「彼らは夜な夜な渋谷のセクキャバを訪れ、一般客だけでなく、店員まで驚かせているようです。2人はドラマ共演から親しくなり、ロックフェスなどでも目撃されている友人関係ですが、Sの方は新婚家庭。Oの性格を考えると、Sを無理やり誘っているとは考えにくく、やはりSの趣味なんだろうなという気がします。逆玉婚と話題になったのに、先行きが不安ですね」(アダルト雑誌編集者)

 そして最後は、元ジャニーズ事務所所属で、すでに芸能界からは身を引きつつも、近頃ではメディアに登場する機会も増えてきたAについて。彼の場合は、夜の街に繰り出すのではなく、自ら夜の街で飲食店を経営中なのだが――。

「彼は、新宿のバー・Sの代表を務めていますが、実は6月頃にちょっとした失踪騒動があったんです。そのタイミングで、店のホームページも閉鎖されたため、ファンの間では『またトラブルに巻き込まれたんじゃ』とウワサされていましたよ。周囲の関係者によると、どうやらAはタチの悪い連中と金銭トラブルを起こしてしまい、しばらく身を潜めなくてはならなくなったとか。しかし店は、8月に『3カ月限定オープン』として再開しており、現在はカウンターに立つ姿が確認されています。2度も薬物騒動を起こしているだけに、近隣店舗の関係者からも心配する声が出ています」(飲食店経営者)

 芸能人たちの知られざる姿が見られる夜の街。次にうわさになる人物は一体誰なのだろうか。

風俗業界で評判上々のNに幸あれ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム