お通夜状態ってマジ?

「カネ返せ」コール轟く! BIGBANGのファンミーティングが修羅場化の裏事情

201407bigbang.jpg
BIGBANGオフィシャルウェブサイトより

 タレントがファンにそっけない対応をすることを、最近では“塩対応”と呼ぶが、4日発売の「フライデー」(講談社)で、6月7日に韓国・釜山で行われたK‐POPアーティスト・BIGBANGのファンミーティングでの、恐るべき“塩対応”が報道されている。メンバーはノーメイクに私服で登場、予定されていたハイタッチ会を急きょ中止に、その後無事ハイタッチ会は行われたものの、悲惨な内容だったというが……。

 ファンミーティングには日本からファン1,200人が参加し、2泊3日の旅行代金は約13万円だったという。コンサートやミニゲームなど、さまざまな企画が用意されていたというが、実際の現場は“修羅場”だったようだ。

「メンバーから突然ハイタッチの中止がアナウンスされ、会場内には『カネ返せ!』コールが巻き起こったそうです。BIGBANG側は『スケジュールの都合』と言い張って拒否し続けたものの、最終的にはツアーを実施した日本旅行関係者がBIGBANG側に土下座でお願いし、結局ほとんどやる気のないメンバーによる“お通夜状態”のハイタッチが行われたということです」(芸能ライター)

 BIGBANGに限らず、K‐POPアーティストの韓国でのイベントの対応の悪さは、ネット上でもたびたび話題になっている。約13万円で握手もハイタッチもなく、高額の写真集を売りつけられそうになり「ファンはATMか?」と炎上したチャン・グンソクなど、ネット上でも仕切りの悪さに対す愚痴が散見される。同じアーティストにもかかわらず、なぜ日本国内でのイベントと、韓国で行われるイベントには、ここまでの差が生まれてしまうのだろうか。

「やはり日本との一番の違いは、韓国には『チケットを買って、ファンミーティングに参加する』という文化が、ほとんど根付いていないことでしょう。イベント会社や代理店も経験や実績がまるでなく、結果ファンを失望させるようなイベントになってしまうんです」(広告代理店関係者)

 旅費も組み込まれた高額のチケットを購入したのに、詐欺寸前のイベント内容とあっては、ファンにとってはたまったものではないだろう。

「アーティスト側にも、当日の進行やイベント内容がまったく知らされていないケースが多々あって、ステージ裏で主催者側と一悶着、というのも日常茶飯事。これが日本国内であれば、すぐさま大炎上ですが、いくら現地スタッフにクレームを入れても暖簾に腕押しで、結果的に一部のファンだけが嫌な思いをして終わるパターンなんです」(同)

 しかしいくらファン相手とはいえ、こうした状況がずっと続けば、いずれ通用しなくなることは明白だろう。ここ数年、ネット上では常にささやかれていたことであるだけに、今回の報道が少しでも改善につながることを祈るばかりだ。

嫌な空気を吹き飛ばす「ウェ~イ」な参加者は皆無だった?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー