しいちゃんの芸能解説講座【裏】

「離婚は運」hitomi擁護の鈴木おさむ、くわばたりえは批判に消沈! 芸能界ブログ騒動

20140604hitomi.jpg
hitomiオフィシャルブログより

編集S hitomiが6月4日に会社経営者A氏と再々婚&妊娠を発表したと思ったら、さっそく「週刊文春」2014年6月19日号(文藝春秋)が「バツ3確定」と報道してたね。

しいちゃん “hitomiの友人”が「自分本位で、他人を振り回すわがままキャラ」「恋愛気分の今を過ぎれば、“バツ3”は確定でしょう」とコメントしていたり、“後輩の女性モデル”が「女番長」「第2の和田アキ子」「言葉使いも乱暴で、まさにヤンキー」と証言していた記事ね。hitomiは、02年に結婚し07年に離婚。その後、08年にデキ再婚し、長女を授かり、11年に離婚。今回は昨年10月から交際をスタートし、すでに妊娠5カ月。つまり3度目の結婚、2度目のデキ婚。17日に公式ブログで、「最近、勝手に感じの悪いことを雑誌で書かれたり…私の事を知らない人にそんな事を言われるのはいくら、職業柄と言えども、悲しい事です」と胸の内を綴っていたよ。おそらくその「週刊文春」の記事のことではないかと言われてる。

編集S 「バツ3確定」はともかく、「第2の和田アキ子」はひどいわよね。前回の妊娠では大胆なマタニティヌードを披露するほどスタイル抜群なんだから! あと和田アキ子を名乗るなら、「世間に“髪を切った?”と思わせないようにする技」を継承しないとダメよ! hitomiはおしゃれピーポーだからちょくちょく髪型を変えそうだし、「第2の和田アキ子」にはちょっと無理かもね~。

しいちゃん 「第2の和田アキ子」基準ってそこォ!? それでね、またとうでもいいことに、この件に関してなぜか鈴木おさむも首をつっこんでる。鈴木は、17日に公式ブログで、「正直、僕、ミュージシャンって苦手な方が多いのですが、hitomiさんって凄く客観的にも自分を見てるし、そんな自分の生き方で表現しようとしている」と賞賛。さらに「僕思うんです。離婚する相手かどうかなんて運だなって。離婚しないことが偉いわけじゃないし、それで結果お互い幸せになれたらいいじゃないですか」「離婚しないことがえらいわけじゃないですから」と何度も、「離婚」を連発。

編集S それこそまるで“バツ3確定”みたいじゃない(笑)。「正直、ミュージシャンって苦手な方が多いのですが」っていちいち言うところも、いやらしいわあ。芸人は、キングコング西野亮廣以外は得意ってことね、うんうん。

しいちゃん 鈴木に対し、hitomiは18日のブログで、「今回、自分のブログ記事の事でお仕事でご一緒させていただいた鈴木おさむさんが自分のコトを愛情もって書いて下さっていて、、、号泣しちゃいました」と綴ってた。ネットでは、「これだけ結婚離婚繰り返してたら良い印象なんかない」「自業自得」「中傷されてるだけまだマシ そのうち見向きもされなくなる」とクールな見方をしている人が多い。たとえ結婚、離婚を繰り返したとしても、本業がしっかりしてれば好感度は下がることはないと思うんだけど、肝心な本業がよくわからなくなってることが問題だと思うわ。

編集S 「中傷されてるだけまだマシ」という意見はよく目にするけど、芸能人だって人間だし、仕事とはいえ意外と傷ついているもんなのね。

しいちゃん そうそう、クワバタオハラのくわばたりえも、6月13日の公式ブログで「不特定多数の人が見る ブログって難しい 悩み事を書けば 同情されたいブログを書くなと言われ 子供の成長を書けば 成長が早いのが自慢?子供の成長が遅いママの気持ちが分からないの?と言われ… あなたに何がわかるの?って言いたい」と心情を吐露してた。それでも、「ブログのコメント欄 封鎖したくない。ブログ書くの やめたくない」って。

編集S それでもやめないのは、ブログで相当稼いでいるからでしょう? いいな~、いいないいな~。

しいちゃん 芸能記者サンによれば、「芸能人のブログによる広告収入は、相当なもの。辻希美は月収約300万円と言われていますね。くわばたも、一部の報道では月収約200万円ほどあるのではないかと言われています。子育て中のタレントにとって、ブログは手軽に稼げるツール。金銭面のメリットばかりでなく、タレントとしてファンをつなぎとめておくためにも、ブログは役立つ。少々の中傷ではやめたくないでしょう」とのこと。その思惑も、ネットユーザーは織り込み済み。「ブログで私生活を晒して目立とうとしているくせに」「プライバシーを切り売りして大金稼いでる奴が言う言っても」「調子の良いコメントだけほしいってのは、ちょっと違う」、中には、「この女芸人は一体何ができて芸人を名乗っているのかわからない」という厳しい意見も。

編集S 確かに、13年に第2子を出産した際には出産映像も公開していて、何がしたいのかよくわからなくなってる感はある。要するに、hitomi同様、私生活で話題になろうとすると叩かれやすい。だからといって芸があるかという、ないから難しい。つまり“芸がないのに、芸能人になっちゃって私生活を切り売りしたけどそれも息詰まっちゃって、どうしようと苦悩している病”を発症しているということね!

しいちゃん 芸があるのに私生活を切り売りしているのが、最近の加藤茶。11年に45歳年下の綾菜さんと結婚してからは、綾菜さんが綴るブログから窺い知れる私生活が騒がれてばかり。綾菜さんの作る食事が脂っこいものばかりで、高齢者の加藤の健康への配慮が足りないんじゃないかとよく叩かれてる。6月9日・16日放送の『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)にゲスト出演した際は、目がうつろで呂律は回らず、歩くのもしんどそうで、番組の内容よりも「健康状態は大丈夫か?」と心配の声が殺到。笑福亭鶴瓶は、15日放送の『ヤングタウン日曜日』(MBSラジオ)で、加藤の体調を心配し、加藤の所属事務所に連絡したものの、事務所は「あれでいいんです」と繰り返しただけだと報告。

編集S あの番組はヤバかった。視聴者だけでなく、タレント側までそんなことを言うなんてよっぽどのことの気がするわ。けどね、カトちゃんが“生命をかけるほどのドM”っていう可能性が捨てきれないから、男の女の問題は難しいのよ。

しいちゃん そうなの? 妻の綾菜さんは11日のブログで、「私も心配で収録後に病院連れていったの! そしたら風邪だったの。。。」「今は二人で仲良くルンルンで元気に過ごしてるよぉ♪」と説明してる。ちなみに、綾菜さんは、4月4日のブログでは、「私、悪く言われる事が多いけどいいんだ 私の事が嫌いな人もいると思うけど、私は嫌いにならないよ だって、みんな良いとこあるし 私を嫌いな人達と友達になりたい!」と綴ってる。ポジティブ!

編集S 加藤とのツーショットも、いつも綾菜さんだけがルンルンに見えるよね。ブログってそういう人だけがやるべきツールなのかもね。

しいちゃん というわけで、誹謗中傷やウワサに傷ついたり、ポイティブに捉えたりしている芸能人だけど、芸能人側が傷つける例を1つ。宇多田ヒカルが13日、Twitterで「2014 FIFAワールドカップ」のブラジルークロアチア戦について、「クロアチアの皆さん、不運な試合でしたが日本人を嫌いにならないで」と英語でツイートしたの。これは、日本の西村主審による判定に、クロアチア代表の監督らから不満が起こったことに対してのもの。その後、宇多田は再びTwitterで、「周りのサッカーファンがみんな誤審だって騒いでたから鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまった 西村さんごめんなさい」と日本語で謝罪した。

編集S まー、どっちでもいいわ。それより、宇多田は5月にイタリア人男性と再婚したんでしょ? イタリアのチーズ送ってよ、チーズ。宇多田にチーズお願いしちゃうぐらい、その話題はどうてもいい。

しいちゃん 今回のツイートには、「どこから目線?」「日本を代表した気になっちゃったんだね」「世界的歌手かのような言動で笑っちゃった」と呆れる声が多い。10年いっぱいで活動休止した宇多田だけど、もう一生遊んで暮らせるほど稼いだせいか、余裕が感じられるわね。そこがまたネットユーザーをイラッとさせるのかも。

編集S 職業は旅人? 人間修行中? なんなの? そんなに余裕あるんだったら、チーズを送ってってば~~~!

食って寝てりゃスルーできることばっかだね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク