豊胸疑惑も高まる!

ミランダ・カー、過激ヌードと「セックスしてないと緩む」「女性も大好き」のビッチ発言が話題に!

MirandaKerr02.jpg
セクシャリティで話題集めるのは20代前半までにして!

 ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のエンジェル(トップモデル)として世界的な知名度と人気を得たミランダ・カー。オーストラリア出身の彼女は、13歳の時に友人がモデルコンテストに彼女の写真を送り、優勝したことがきっかけでモデル業をスタートし、2007年にオーストラリア人初のヴィクトリアズ・エンジェルに抜擢された。スリーサイズは81・61・86と若干貧乳だが、えくぼのある清純な顔でたちまち人気者に。2012年には米大手経済誌「フォーブス」が年間400万ドル(約4億円)を稼いだと報じるなど、名実共にトップモデルとなった。

 私生活ではミュージシャンのジェイ・ライオンとの交際を経て、イケメン俳優オーランド・ブルームと10年7月にできちゃった結婚。翌年1月には長男フリンを出産し、2カ月後にはモデルの仕事に復活。産後も体形がまったく崩れなかったことで話題を集めた。オーランドともども創価学会インターナショナルの会員であり、毎日瞑想をし「南無妙法蓮華経」と唱えていると発言していることから、「夫婦揃って、お堅く真面目」と見られてきた。

 しかし、フリンに授乳する写真を公開したり、写真共有アプリ「インスタグラム」やTwitterにセクシーで挑発的な写真を掲載し続ける彼女に、世間は疑問を持つように。13年にヴィクトリアズ・シークレットとの契約が更新されなかったことが発表されると、「彼女のディーヴァな態度が原因」「ビッチすぎるから切られた」とネガティブなウワサが流れた。10月には電撃離婚を発表し、本人たちは「これからもずっと家族として愛し合う」と宣言。家族3人で仲良く外出したり、レッドカーペットで少々不自然だがにこやかにキスを交わすなど、円満離婚をアピールしている。

 そんなミランダが、米人気男性誌「GQ」最新号で、豊胸したとウワサされる乳房と肉付きのよい生尻を惜しげもなくさらけ出したギリギリヌードを披露。インタビューでは、セックスに関する発言ばかりしており、世間を驚かせている。

 英大手タブロイド紙「デイリー・メール」によると、「GQ」のインタビューでミランダは「私ね、男性も女性も楽しめちゃうタイプなの」「女性の体が好きなの。女性の体の形を、心の底から楽しめちゃうの。私、女性をスケッチするのも好きなのよ。特に背後からの姿がたまらない」とドッキリするような発言をし、「寝室には男が絶対に必要よ。だって、分厚く頼もしい胸に重なっていたいから。でもね、探求したいのよ。あきらめるなんて絶対にイヤだわ」とバイセクシュアル宣言をした。

 そして、「セックスの後は自分がよかったかどうか、いつも確認するようにしているの。全てにおいてよくなりたいから。年を重ねるにつれ、こういう大好きなことについて堂々と聞けるようになったわ」「最近気がついたんだけど、あまりセックスをしないと体が引き締まらなくなって緩んじゃうのよね。セックスすればするほど、腕やおなかがきゅっとなるのよ」と赤裸々に語り、「オーガズムに達したことはあるわよ。1人だったり、一緒にイッたりとか」とドギマギするような言葉を述べた。

 その一方、股が緩いわけではないと強調したいのか、「オーランドと私の相性は、いつだって最高だったわ。私ね、一夜だけの関係ってダメなの。オーランドだって、最初にキスするまで6カ月待たせたんだから」と元夫について自慢げに告白。「デートはしているわ。デート、大好きだもの。(息子にとっても)不幸な気持ちになっている両親よりも、幸せいっぱいの両親の方が絶対にいいでしょ。今は、私にとって探求したり楽しんだりする時なのよ。すぐに恋に落ちたいと思っているわけじゃないの……誘われることは多いけどね。映画でも見ないような、クレイジーで信じられないような誘いも受けたわ」と、シングルマザーを謳歌する自分を正当化しつつ、ウワサになっている大富豪ジェームズ・パッカーとの関係を匂わせるような発言も飛び出した。また、「ブラインドデート(お見合いデート)はお断り。男性と会う前にGoogleでリサーチとかもしないタイプよ」とも語り、自然な出会いを求めていることを強調した。

 かなり過激なインタビュー記事だが、同誌の公式サイトに掲載されている写真も世界中の男性が大喜びしそうなものばかり。全裸にソックス姿で背後から撮影したものと、白いシャツで乳首を透かせつつ乳房の大きさを強調している正面から撮影したものの2タイプあるのだが、お尻はふっくらし、豊胸手術を受けたともっぱらのウワサである乳房はかなりのボリュームで存在感抜群だ。セレブを多く撮影してりるマリオ・テスティーノが撮ったこともあり、過激だが、ぎりぎりスタイリッシュにも仕上がっており、女性ファンにもかろうじて受け入れてもらえそうである。

 世界を股にかけいちゃついているモデルのカーラ・デルヴィーニュとミシェル・ロドリゲスなど、このところバイセクシュアルな女性たちが話題になっているが、ミランダもナイスボディの美女といちゃいちゃする日が来るのだろうか。シングルとなった彼女が誰を恋の相手に選ぶのか、ゴシップされるのは思わぬ人物かもしれない。

まず杉本彩姉さんに挨拶してから、セックス語れ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク